東京・岡本太郎記念館では、企画展「対峙する眼」を、2020年9月30日(水)から2021年1月31日(日)まで開催する。

ふたつの“いのち”の対峙

岡本太郎は洋画家としてキャリアをスタートさせたが、しかし通常の洋画家とは大きく異なっていた。つまり、裸婦画や人物画、風景画、そして静物画など、一般的な西洋画題をまったく取り上げなかったのだ。

岡本が描いた内容は一見しただけでは判然としないものの、それでもほぼ必ず現れるモチーフが「眼」、何かしらの生きものの“いのち”であった。なかでも頻出するのが「対峙する眼」であり、向かいあうふたつの“いのち”が、語りあい、睨みあい、笑いあい、そして見る者を睨みつけるかのように表現されているのだ。

企画展「対峙する眼」では、対峙する生きものが描かれた作品を一堂に集めて紹介。《にらめっこ》をはじめ、生命力にたぎる岡本の作品世界にふれられそうだ。

展覧会概要

企画展「対峙する眼」
会期:2020年9月30日(水)〜2021年1月31日(日)
会場:岡本太郎記念館
住所:東京都港区南青山6-1-19
TEL:03-3406-0801
開館時間:10:00〜18:00(最終入館は17:30)
休館日:火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日(月)〜1月4日(月))
観覧料:一般 650円(550円)、小学生 300円(200円)
※( )内は15人以上の団体料金