展覧会「生誕110年記念 異才 辻晉堂の陶彫」が、美術館「えき」KYOTOにて、2020年10月31日(土)から11月23日(月・祝)まで開催される。

陶彫による抽象作品を手掛けた彫刻家・辻晉堂

辻晉堂(つじしんどう)は、陶土を用いた彫刻“陶彫”の抽象作品で国際的に活躍した彫刻家だ。

鳥取に生まれた辻晉堂は、1933年に力強い木彫を発表して注目を集め、彫刻家としてのキャリアをスタートさせた。 戦後は京都市立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)の教授に就任し、多彩な素材を用いた彫刻教育を開拓。他方で、やきものづくりが盛んな京都という土地柄もあり、自身も陶彫作品を制作した。

1958年には、2年に1度開催される現代美術の国際展「ヴェネツィア・ビエンナーレ」に参加し、やきものの常識を覆す大型の陶彫作品を出品。海外でも高い評価を得ることとなったのだ。

辻晉堂の陶彫作品を紹介

展覧会「生誕110年記念 異才 辻晉堂の陶彫」では、辻が陶彫作品を手掛けた京都時代に焦点をあて、ヴェネツィア・ビエンナーレ出品作をはじめ約45点の作品を展示。時計の動きをリズミカルに表現した《時計》から、ユーモアあふれる「粘土細工」の作品まで、多彩な作風の陶彫作品を紹介する。

展覧会概要

展覧会「生誕110年記念 異才 辻晉堂の陶彫」
会期:2020年10月31日(土)〜11月23日(月・祝) 会期中無休
会場:美術館「えき」KYOTO
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
開館時間:10:00〜19:30(入館は閉館30分前まで)
※最終日は17:00閉館
入館料:一般 900円(700円)、高・大学生 700円(500円)、小・中学生 500円(300円)
※価格はいずれも税込
※障害者手帳の提示者と同伴者1人は、当日料金より各200円割引
※( )内は前売料金
※前売券は、2020年9月26日(土)から10月30日(金)まで、チケットぴあ(Pコード 685-357)およびローソンチケット(Lコード 52377)にて販売(美術館チケット窓口での販売はなし)
※事前予約は不要だが、混雑状況により入館を待つ場合あり
※内容に変更・中止が生じる場合あり(最新情報は美術館公式ホームページにて確認)

【問い合わせ先】
TEL:075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)