「『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展」が、松屋銀座8階イベントスクエアにて2020年12月27日(日)から2021年1月12日(火)まで開催される。

『ねないこだれだ』の絵本作家・せなけいこ

絵本『ねないこだれだ』や『めがねうさぎ』の作者として知られる絵本作家・せなけいこは、絵本作家として1969年にデビューして以来、おばけや妖怪、うさぎなどをモチーフに、貼り絵を用いた絵本を生み出してきた。シンプルながら独創的な絵本の数々は世代を超えて多くの親子に読み継がれている。

絵本原画やデビュー前の資料やスケッチなど約250点が集結

せなけいこの代表作の1つであり、これまでに300万部以上の発行部数を記録した『ねないこだれだ』の誕生50周年を記念して、会場には絵本デビュー作「いやだいやだの絵本」4冊シリーズをはじめとする絵本原画や資料など、約250点を出品。絵本作家デビュー前の幻燈や紙芝居の仕事もひもとき、せなけいこの創作の全貌を紐解いていく。

身近なところからアイディアを得て作られた絵本

せなけいこのデビュー作は、息子が好きなディック・ブルーナの絵本「うさこちゃん」の続きを作ろうとしたことがきっかけで制作された。ポスターの裏紙を台紙に、包装紙やチラシといった身近な紙を貼り絵にした手作り絵本がもとになっている。“おかあさんのつくった絵本”というキャッチコピーで発売されると、その翌年にサンケイ児童出版文化賞を受賞した。

また、人気作「めがねうさぎ」シリーズも、“めがねが必要になった小学生の息子が楽しくめがねをかけられるように”という思いから生まれた作品。せなけいこの子ども達や飼っているうさぎとの暮らしから、アイディアを得て作られている。尚、「めがねうさぎ」は、当初の作品発売から20年以上を経て、2000年代に入ってからも新作が出版されている。数十年を経てもなお、変わらず愛される作品の魅力を近年の新作も含め紹介する。

展覧会オリジナルグッズなど物販&コラボメニューも

会場では、展覧会オリジナルグッズ約140種類をはじめとする、様々なせなけいこ関連グッズを販売。松屋銀座会場から発売される新商品のマフラーやがまぐちポーチ、『ねないこだれだ』のイラストを配したグラス、展覧会公式図録などを揃える。

また、会期中は、松屋銀座8階レストランシティ内 MGカフェにて、「せなけいこ展」とコラボレーションしたメニューを提供。メニュー内容や詳細などは決まり次第公式サイトにて告知される。

【詳細】
「ねないこだれだ」誕生50周年記念 せなけいこ展
会期:2020年12月27日(日)〜2021年1月12日(火)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
開場時間:10:00〜20:00
※12月27日(日)、1月11日(月・祝)は19:30、12月31日(木)は18:00、最終日は17:00閉場
※1月2日(土)は9:30〜19:30開場。
※入場は閉場の30分前まで。
※1月1日(金・祝)は休業。
入場料:一般 1,200(900)円、高校生 700(500)円、中学生 500(400)円、小学生 300(300)円
※( )内は前売り料金。前売券は11月上旬から12月26日(土)までローソンチケットにて販売予定。
※チケット購入の詳細は、展覧会公式ホームページにて決まり次第更新。
※混雑の際は、待ち時間が発生する場合や整理券を配布する場合あり。

【問い合わせ先】
TEL:03-3567-1211(大代表)