広島県美術館で企画展「浦上コレクション 北斎漫画ー驚異の眼・驚異の筆ー」が開催。会期は2020年12月10日(木)から2021年1月31日(日)まで。

葛飾北斎の代表作『北斎漫画』をフィーチャー

1814年から1878年までに全15編が絵手本として刊行された『北斎漫画』。総頁数883頁に及ぶ葛飾北斎の代表作として知られており、庶民から武士までに多大な人気を博し、江戸時代のベストセラー、そしてヨーロッパでのジャポニズム旋風の原動力となった作品だ。

本展では、世界一の質と量を誇る、古美術商「浦上蒼穹堂」の店主・浦上満の『北斎漫画』のコレクションをもとに展示。『冨嶽三十六景』とも比較しながら、『北斎漫画』の魅力を紹介していく。

『北斎漫画』全15編883頁から200余点を厳選して展示

会場では、『北斎漫画』本来の姿である和綴じ本を解き、全15編883頁から200余点を厳選。さらに、展示作品の特色を図解で分かり易く解説する。

北斎自身の卓越した筆力はもちろん、モチーフの特徴を一瞬で捉える眼力、大胆かつ斬新な表現方法が生きた各作品はどれも見物。

様々な身分や職業の人々の生活模様、活き活きとした生き物を描いた「初編」から始まり、気象や水の動きに注目し『冨嶽三十六景』の制作に繋がったとされる「七編」、ユニークな戯画尽くしの「十二編」、エミール・ガレなど西洋工芸作家に影響を与えた「十三編」など、バラエティに富んだ貴重なラインナップが一堂に集結。是非この機会に会場に足を運んでみて。

【詳細】
浦上コレクション 北斎漫画ー驚異の眼・驚異の筆ー
会期:2020年12月10日(木)〜2021年1月31日(日)
時間:9:00〜17:00
会場:広島県立美術館
住所:広島県広島市中区上幟町2-22
料金:一般 1,200円、高・大学生 1,000円、小・中学生 600円
※金曜日は19:00まで、最終入場は閉館30分前まで。
※年末年始(12月25日〜1月1日)は休館。
※前売り・20名以上の団体は当日料金より200円引き。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と
介助者(1名まで)の当日料金は半額。

【問い合わせ先】
広島県立美術館
TEL:082-221-6246