作家・柏葉幸子による小説『岬のマヨイガ』が長編アニメーション映画として2021年8月27日(金)より全国公開される。主人公の声優は芦田愛菜が担当する。

柏葉幸子の小説『岬のマヨイガ』長編アニメ映画化

『岬のマヨイガ』は、スタジオジブリの映画『千と千尋の神隠し』に影響を与えた小説『霧のむこうのふしぎな町』など、長年にわたり愛され続けるベストセラーを発表してきた作家・柏葉幸子の小説。ある事情で家を出てきた17歳の少女・ユイと声を失った8歳の女の子・ひより。居場所を失った二人がふしぎなおばあちゃん・キワさんと出会い、“ふしぎっと”と呼ばれる妖怪が集う古民家「マヨイガ」で過ごす日々を描いたファンタジー作品だ。

登場人物(キャスト)

長編アニメーション映画として公開される『岬のマヨイガ』には個性豊かなキャストが集結。『星の子』で主演を務めた芦田愛菜や、『漁港の肉子ちゃん』でも声優を務めた日本を代表する女優・大竹しのぶ、連続テレビ小説『なつぞら』でヒロイン・奥原なつの子供時代を演じ、本作で声優デビューを果たす粟野咲莉が出演する。

主人公・ユイ(芦田愛菜)
ある事情で家を出てきた17歳の少女。ひよりとキワさんと出会い、海を見下ろす岬に建つふしぎな古民家“マヨイガ”で一緒に暮らすことに。ぶっきらぼうだが、真っ直ぐな性格。

キワさん(大竹しのぶ)
ユイとひよりを引き取り、“マヨイガ”で一緒に暮らすおばあちゃん。河童や狛犬など“ふしぎっと”と呼ばれる優しい妖怪たちと話すことができるふしぎな力を持つ。

ひより(粟野咲莉)
両親を交通事故でなくし、そのショックから声を失ってしまった8歳の少女。言葉は発せないが、人のことを思いやる優しい性格の持ち主。

主題歌は羊文学の『マヨイガ』

さらに、主題歌アーティストは、繊細ながらも力強いサウンドで人々を魅了するオルナティブロックバンド・羊文学が担当。本作の為に書き下ろした楽曲『マヨイガ』で、作品をドラマチックに盛り上げる。

<アニメ映画『岬のマヨイガ』あらすじ>

ある事情で家を出てきた17歳のユイと、両親を事故で亡くしたショックで声を失った8歳のひより。
居場所を失った二人は、ふしぎなおばあちゃん・キワさんと出会い、海を見下ろす岬に建つふしぎな古民家“マヨイガ”に住むことに。
なりゆきでキワさんに付いて来てしまった二人だったが、訪れた人をもてなす伝説の家“マヨイガ”、そしてキワさんの温もりに触れ、それぞれ傷ついた心は次第に解きほぐされていく。
そんなある日、“ふしぎっと”と呼ばれる優しい妖怪たちがキワさんを訪ねてきた。彼らは町で相次ぐ怪奇現象を調べるため、キワさんに力を貸しに来てくれたのだった。
ふしぎっとの存在と共に、キワさんは昔からこの地に伝わる伝説“アガメ”のことを語り出す。人々の悲しい思いを糧に大きくなっていくという“アガメ”と、人々を陰から守る存在“ふしぎっと”。
新しく見つけた居場所と、自分のまわりの優しい人々を決して傷付けたくないと強く思うユイ。
ユイとひより、そしてキワさんは、それぞれの過去を乗り越え、大切な居場所を守ることができるのだろうか――。

作品詳細

『岬のマヨイガ』
公開日:2021年8月27日(金)全国ロードショー
出演:芦田愛菜、大竹しのぶ、粟野咲莉
原作:柏葉幸子「岬のマヨイガ」(講談社刊)
監督:川面真也  
脚本:吉田玲子
キャラクター原案:賀茂川    
ふしぎっとキャラクター原案:丹治匠    
キャラクターデザイン・総作画監督:清水洋
美術監督:畠山佑貴
色彩設計:水野愛子
CGディレクター:高野慎也
撮影監督:渡辺有正
編集:長谷川舞 
音楽:宮内優里
主題歌:羊文学『マヨイガ』F.C.L.S. (Sony Music Labels Inc.)
音響監督:木村絵理子
録音調整:内田誠
音響制作:東北新社
統括プロデューサー:高瀬透子
プロデューサー:松尾拓、竹枝義典、岩崎紀子
制作:david production  
製作:「岬のマヨイガ」製作委員会 
配給:アニプレックス

©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会