東京・お台場のパレットタウンに位置する森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレスが東京・お台場から移転。新たなチームラボボーダレスが、2023年、東京都心部にて開業予定だ。なお、現在のチームラボボーダレスは2022年8月31日(水)をもって閉館となる。

新生「チームラボボーダレス」が東京都心部で2023年開業

チームラボボーダレスは、境界のないアート群による「地図のないミュージアム」として、2018年6月に東京・お台場にオープンし、その後国内のみならず世界から多くの人々が訪れた。初年度の年間来館者数は、ゴッホ美術館を超えて、単独のアーティストのミュージアムとして世界最多規模となる約230万人を記録。また、2019年の来館者数においては、単一アート・グループで“世界で最も来館者が多い美術館”として世界記録に認定された。

数々の国際的な賞も受賞するなど国内外で評価されていた本ミュージアムが、2022年8月31日(水)、「パレットタウン」地区の再開発によって閉館となる。2023年からは新たな舞台で、「地図のないミュージアム」を展開してく予定だ。

【詳細】
森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス
teamLab Borderless:MORI Building DIGITAL ART MUSEUM
開業時期:2023年

■現在のチームラボボーダレス詳細
閉館予定日:2022年8月31日(水)
住所:東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
料金:大人(高校生以上) 3,200円、障がい者割引 1,600円、子ども(中学生以下) 1,000円
※3才以下は無料。
※障がい者手帳提示で、本人と同伴者1名まで障がい者割引の対象。
※開館時間・休館日はシーズンによって異なる。詳しくはウェブサイトを確認。

teamLab
Exhibition view of MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless,
2018, Odaiba, Tokyo
© teamLab