凪良ゆうの人気小説『流浪(るろう)の月』が映画化。広瀬すず&松坂桃李を主演に迎え、2022年に公開される。

人気小説『流浪の月』を映画化

凪良ゆうによる原作『流浪の月』は、2020年の本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位に輝いた人気小説。9歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かないさらさ)と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生・佐伯文(さえきふみ)の関係を描いた物語だ。15年後に再会した更紗と文の選んだ道とは?そして事件の契機となったそれぞれの秘密とは――?

『悪人』『怒り』の李相日が監督

繊細に揺れ動く2人の思いが胸にせまる『流浪の月』の映画化を担当するのは、『悪人』『怒り』で知られる監督・李相日(リ・サンイル)。また、『パラサイト 半地下の家族』『哭声/コクソン』などを手がけてきた撮影監督ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『フラガール』などで活躍する美術監督・種田陽平らが集結する。

広瀬すず&松坂桃李のダブル主演

ダブル主演を務めるのは、広瀬すずと松坂桃李。広瀬が家内更紗、松坂が佐伯文を演じる。

『ラストレター』『一度死んでみた』『いのちの停車場』などで好演し、国民的女優としての地位を築き上げている広瀬すずと、『孤狼の血』で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、『新聞記者』で同最優秀主演男優賞を2年連続受賞するなど映画界で存在感を放つ松坂桃李が、どのような物語を紡ぐのか注目したい。

<広瀬すずコメント>
本当にびっくりしました。でも、いつかまた、李組に参加したいという事は「怒り」以来、ずっと思い続けてきた事でもありました。「この役の気持ちを知ってると思って」と監督に言われたその日から私は毎日なんだか、どこかずっと緊張しています。私の少しの変化を、誰よりも早く細かく気付かれてしまいます。だからこそ監督の前では絶対嘘がつけないし、ちょっとでも誤魔化そうとするもんなら…想像するだけで…今、監督の前でお芝居するのが怖いです。あ、その緊張ですかね。

松坂さんは、以前ご一緒した現場でとても真面目で大らかな印象を受けました。文を松坂さんが演じると知った時も、なんだかすぐにしっくりくる不思議な雰囲気もあり、今回の役、作品で、ご一緒出来る事はとても楽しみです。

<松坂桃李 コメント>
李監督とは初めてご一緒しますが、作品を拝見していて、いつかやってみたいとずっと思っていた方でした。正直今は霧の中にいる気分です。ただこの作品に文として参加できる喜びを噛み締めてもいます。全身全霊でいきます。

広瀬さんは成島組以来の再会ですが、肝が据わっていて頼もしさすら感じます。改めてご一緒出来ることほんとうに楽しみです。李組の皆さんと創り上げていきたいです。宜しくお願い致します。

横浜流星も参加

広瀬すず演じる家内更紗の婚約者・中瀬亮役は、横浜流星が担当。更紗を愛しながらも、彼女の過去を受け止め切れず自分を見失ってしまう、生々しい“人間”を感じさせる役どころだ。

映画『きみの瞳が問いかけている』、連続ドラマ「あなたの番です」「着飾る恋には理由があって」などで活躍し、主演映画『嘘喰い』の公開も控える人気俳優が、どのような演技を見せてくれるのか、期待が高まる。

<横浜流星コメント>
自粛中に原作を手に取り出会い、とても考えさせられた作品を李監督を初めとした素敵な方々と共に創ることができ、この上ない幸せを感じています。とにかく李組に全力でぶつかって僕の中にまだある殻を破ることができたらなと思っています。

原作は文目線で読んでいましたが、話を頂いて亮目線で読むとまた見方も変わりました。亮にも過去がありそれ故に、愛に飢え、愛を求めている。脆く、人間らしい亮を僕が誰よりも愛し、全力で生きたいと思います。

【詳細】
映画『流浪の月』
公開時期:2022年全国ロードショー
原作:凪良ゆう「流浪の月」(東京創元社刊)
主演:広瀬すず、松坂桃李
脚本・監督:李相日
製作幹事:UNO-FILMS(製作第一弾)
共同製作:ギャガ、UNITED PRODUCTIONS
配給:ギャガ

<映画『流浪の月』 あらすじ>
雨の夕方の公園で、びしょ濡れの9歳の家内更紗に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、やがて文が更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。

それから15年後。“傷物にされた被害女児”とその“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。が、更紗のそばには婚約者の亮がいた。更紗の過去も受け入れた上で、彼女を見守ってきたつもりの亮だったが……