メアグラーティア(meagratia)は、2022年春夏ウィメンズ&メンズコレクションを、2021年8月30日(月)に発表した。

日常に“楽しみ”をもたらす洋服の力

今季のテーマ「Play Life」には、日常に“楽しみ”をもたらす洋服本来の力をブランドとしてもう一度発信したい、という思いが込められている。日々の中で感じる楽しさや思うままに喜ぶこと、明るい未来へのまなざしを、洋服を通して表現。思いっきり駆け巡り、自由奔放に遊びまわる時の“躍動感”がデザインに落とし込まれている。

飛び跳ねたペイントモチーフなどプレイフルなディテール

象徴的なのは、ブルゾンやオールインワン、ジャケット、パンツなどにあしらわれたペイントモチーフ。服に絵具がつくのを気にせずに大きな絵を描いた時のような、ランダムに飛び跳ねたペイントがウェアを大胆に彩る。部分的にダメージ加工を施すことで、より一層活発な雰囲気に仕上げた。

ペイントモチーフの他にも、プレイフルなディテールが散見された。ランダムにひっかいたような細い線が表面を飛び交うシャツジャケットや、所々で糸の飛び出したステッチが身頃を縦断するフーディー、ハーネスを思わせるパーツを重ねたシャツなどが登場。デニムジャケットには、まるで落書きしたかのような装飾が施されている。

グラフィカルなテキスタイル

ストライプと目の大きなチェックをパネルで配置したテキスタイルを用いたシャツやパンツは、生地を斜めに切り替えたり、タックをとったりすることでグラフィカルに仕上げた。生地の流れに沿って模様も様々な方向に広がり、動きのある佇まいを見せる。

変形可能なデザイン

袖にボリュームを持たせたグレーのジャケットは、腕に沿うようにしてボタンを並べ、ボタンの開け方によって変形させながら着ることができる。同様に袖にボタンを配したテーラードジャケットを用いたルックでは、ボタンを大胆に開けて中に重ねたニットベストやシャツを見せ、レイヤードを強調。長さの異なる裾の重なりも相まって、構築的なスタイルを提示している。

自由な動きを可能にする分量感

身体のアクティブな動きを妨げずに身体を包み込む、分量感のある仕立ても特徴的だ。ゆったりとしたシルエットを描くパッチワークのトレンチコートは、生地の落ち感によって身体になじみ、身体の動きと連動してふわりと翻る。ざっくりと羽織れるドロップショルダーのチェック柄ジャケットや、しなやかに流れるようなドレープを描くワイドパンツなども目を引いた。