ベッドフォード(BED j.w. FORD)の2022年春夏コレクションが、2021年9月1日(火)に東京・八芳園で発表された。タイトルは「EPIPHANY」。

幻想的な日本庭園で…

今シーズンの発表の舞台となったのは、樹齢数百年もの情緒溢れる樹木が囲む八芳園。ミストのような雨と淡い光が包み込む日本庭園で、儚く美しい生演奏と共に幻想的なショーがスタートした。

朧げな風景写真のナイロンコート

まず最初に現れたのは、シースルーのナイロンコートを纏ったモデル。コートにプリントされた朧げで色彩豊かな風景は、写真家・岩本幸一郎の作品だという。植物の刺繍を施した白シャツを合わせ、コートの下からぼんやりと浮かび上がるようにスタイリングした。

繊細に煌めく植物柄のシャツ

夢の中に迷い込んだような神秘的な雰囲気をより一層盛り上げるのは、光を受けて儚げにきらめくシルバーの糸。コートやパンツ、シャツといったあらゆるアイテムに用いられた。中でも植物がデザインされたシャツやパンツは、淡いパープルや赤紫の上品な色味と艷やかな糸のディテールが相まって、着物のような優美な印象に。

遊び心溢れるジャケット

継続的に展開されているジャケットは、所々色が薄くなったような表情豊かなデザインや2列のボタンがあしらわれたもの、サイドにアジャスターベルトのようなディテールを施したものなど遊び心溢れるデザインで登場。チューリップのような花の飾りをボタンに取り付けることで、さらにプレイフルなムードへと引き寄せているのも印象的だ。

鮮やかな赤や青を織り交ぜて

カラーパレットは、ネイビーやブラックといった落ち着いた色味を基調としつつ、はっとさせるほど鮮やかなレッドやライトブルーを織り交ぜた。いずれもコレクションを構成するシンプルなカラーのアイテムと一緒に提案することで、色の鮮やかさをより一層際立たせている。

ハットやコラボシューズも

また、今シーズンはスタイリングにアクセントを加える小物も豊富なラインナップで登場。ワンカラーやカラフルなハットに加え、メゾン ミハラヤスヒロ(Maison MIHARA YASUHIRO)とのコラボレーションシューズも披露された。