ミントデザインズ(mintdesigns) 2022年春夏コレクションのテーマは、「ハッピーミステイク」。20年前のファーストコレクションのタイトルワードにちなんだこの言葉には、“アクシデントから生まれる美しさ”をポジティブなムードで表現している。

“ハッピーミステイク”に満ち溢れた世界

今からおよそ20年前。プリントのミスを活かし、おしゃれなグラフィックへと昇華させたコレクションから始まったミント デザインズ。見渡してみると世の中の発明品も、もしかしたら失敗から生まれたものがほとんどなのかもしれない……。ブランドの節目にあたり、そんな“ハッピーミステイク”に満ち溢れた世界を改めて振り返った今シーズンは、柄や色彩が重なりあうようなユニークなプリントが、コレクションテーマを強く内包している。

楽し気なカラープリント

目に留まるのは、春夏らしい明るい色彩のカラープリント。ブラウスに重ねた軽やかなサロペットには、大胆なカラーブロックから始まり、水玉模様、グラフィカルなプリントが“じゃれ合う”ように折り重なり、プレイフルなプリントを生み出している。また異なる素材同士をレイヤードしているかのような生地使いも印象的。見るほどに不思議な感覚に陥る一着は、纏うものだけでなく、第三者にまでもファッションの面白さを伝えてくれる。

レーシーなピース

今季は春夏らしいレーシーなピースも豊富だ。とはいえっても、ブランドのアイコン“ドールモチーフ”をあしらってみたり、ブランド名や今季のキーテーマをデザインしてみたりと、ガーリーなムードだけで終わらせないブランドらしさを楽し気にアピール。オーバーサイズのTシャツや、ブラウス、半袖のロングコート、巻きスカートといったリアルクローズを、“大人かわいい”表情へと昇華させている。

レイヤードスタイル

今季らしい楽し気なレイヤードスタイルも注目。中でも活躍したのは、繊細なレース編みや、ドット部分がくりぬかれた模様のニットウェアだ。パキッとしたインナーカラーを差し込むことで、重なりあう色×色のカラーコントラストが、より一層プレイフルなムードを高めていた。