ディ_カフェイン オム(De_caffeine homme)の2022年春夏コレクションが、2021年9月4日(土)に発表された。

トップス+ボトムスのデザインをクリーンなムードに

“blur the boundaries”をコンセプトとした、今季のディ_カフェイン オム。異なるカテゴリーのウェアをまとめるという2021年秋冬のデザインを引き継ぎつつも、その雰囲気はもっと軽やかだ。

ピークドラペルのダブルブレストジャケットや、シングルブレストのテーラードジャケットは、同じ素材のパンツと組みわせることでジャンプスーツへ。あくまでスーツを基調としているだけに、そのシルエットは流麗である。また、同様のデザインに基づきつつも、素材にライニングを思わせるシアーなファブリックを用いたジャンプスーツは、端正なフォルムながらも仕立ての構築を垣間見せる、コンセプトどおり“境界の揺らめく”ような仕上がりとなっている。

トップスとボトムスをひとつに融合するデザインは、鈍い光沢を放つデニムのシャツとパンツ、ストライプやボーダーのシャツとハーフパンツなどにも展開されている。

ディテールについて言えば、クリーンなムードでありながらもアシンメトリックなデザインが特徴だ。レオパード調のカーディガンは、片側に数枚のレイヤーを重ねたようなデザインに。一方でシャツの首回りは、バンドカラー、そしてボディとは異なる素材を使ったワイドカラーを組み合わせている。

カラーは、濃淡さまざまのグレーを基調に、ブラック、ホワイト、ブルーと、クリーンで涼しげだ。フォーマルなムードと調和するよう、無地、千鳥、ストライプやドットを中心としつつ、ストライプをぼかしたようなマーブル柄、ポップな雰囲気のハート柄で、遊び心も加えた。