エルメス(HERMÈS)の腕時計《ケープコッド》から、象徴的な《シェーヌ・ダンクル》を配した文字盤の新作《ケープコッド》シェーヌ・ダンクルが登場する。

《シェーヌ・ダンクル》のデザインが光る腕時計《ケープコッド》

1991年にアンリ・ドリニーによって生み出された腕時計《ケープコッド》。今やエルメスのアイコンウォッチのひとつであるこのモデルの“長方形に正方形を重ねたケース”は、《シェーヌ・ダンクル》のコマの半分を2つ組み合わせた独創的なデザインだ。ダイアルには、エルメスがジュエリーに仕立てた錨の鎖《シェーヌ・ダンクル》に着想を得たインデックスが配されている。

181個のダイヤモンドで象る《シェーヌ・ダンクル》が輝く文字盤

新作では、181個のダイヤモンドを配した《シェーヌ・ダンクル》を、ガラス質の火山岩であり、魅惑的な輝きをもつ黒曜石製、またはメッキ加工とラッカー仕上げの文字盤にあしらった。ステンレススティール製または18Kピンクゴールド製のケースにも、贅沢にダイヤモンドが施されている。

ストラップは、シングルだけでなく、二重巻きのストラップのドゥブルトゥールも用意。カラーは、シャンティ色と、パールグレイ色のアリゲーターストラップを展開する。

【詳細】
《ケープコッド》シェーヌ・ダンクル
発売時期:2021年7月〜

■18Kピンクゴールド製ケース×黒曜石製文字盤 2,244,000円
ケース:29×29mm、18Kピンクゴールド(約39.21g)、ダイヤモンド(52個、0.59カラット)
文字盤:黒曜石製、ダイヤモンド(181個、0.46カラット)、4N メッキ加工の針
バックル:18Kピンクゴールド製(約4.89g)ピンバックル、17mm

■ステンレススティール製ケース×黒曜石製文字盤 1,133,000円
ケース:23×23mm、ステンレススティール製(316L)、ダイヤモンド(46個、0.41カラット)
文字盤:黒曜石製、ダイヤモンド(96個、0.2カラット)、ロジウムメッキ加工の針
バックル:ステンレススティール製(316L)ピンバックル、12mm

■18Kピンクゴールド製ケース×ラッカー仕上げ、メッキ加工文字盤 1,837,000円
ケース:23×23mm、18Kピンクゴールド(約25.68g)、ダイヤモンド(46個、0.41カラット)
文字盤:ラッカー仕上げ、メッキ加工、ダイヤモンド(96個、0.2カラット)、4N メッキ加工の針
バックル:18Kピンクゴールド製(約3.54g)ピンバックル、12mm