映画『ラブ・アクチュアリー』『ニュー・シネマ・パラダイス』のシネマ・コンサートが開催。『ラブ・アクチュアリー』は、2021年12月25日(土)にパシフィコ横浜・国立大ホールにて、『ニュー・シネマ・パラダイス』は、2022年1月10日(月・祝)より順次、東京国際フォーラム、大阪・フェニーチェ堺 大ホールにてそれぞれ実施される。

映画×生のオーケストラによる「シネマ・コンサート」

シネマ・コンサートとは、映画のセリフや効果音はそのままに、音楽パートのみを生のオーケストラが演奏する新感覚エンターテイメントだ。音楽を奏でるステージには、毎度豪華な顔ぶれが揃うことでも話題を集めており、今回タクトを振るのはマエストロ、栗田博文。演奏は、東京フィルハーモニー交響楽団(ニュー・シネマ・パラダイス大阪公演の演奏は大阪交響楽団)が担う。

クリスマスの名作『ラブ・アクチュアリー』

そんなシネマコンサートが、ロマンティックなクリスマスの聖夜に贈るのは、ロマンチック・コメディの名作『ラブ・アクチュアリー』。クリスマスシーズンを過ごす、男女19人のラブストーリーオムニバス形式で描いた本作は、ハートウォーミングな物語はもちろん、美しい音楽でも評価が高い。フルオーケストラの生演奏で楽しめるシネマコンサートでは、これまでとはひと味違う感動が待ち構えているはずだ。

なお映画には、ヒュー・グラント、キーラ・ナイトレイ、エマ・トンプソン、アラン・リックマン、ローラ・リニー、コリン・ファースら、豪華メンバーが出演している。

新年の幕開けは、『ニュー・シネマ・パラダイス 』

そして来る2022年の幕開けを飾るのは、映画史に残る名作であり、これまでも複数回開催されてきた『ニュー・シネマ・パラダイス 』。昨年7月に逝去した映画音楽の巨匠:エンニオ・モリコーネの、詩情あふれる美しい旋律が全編に渡ってコンサートホールに蘇る。

トトと呼ばれた男性の少年時代・青年時代を回想により紐解いていくヒューマンドラマは、何度見ても観る者の心の琴線に触れる感動ストーリー。色褪せない名作の魅力を、新年に再度ふれてみてはいかがだろう。

【詳細】
■ラブ・アクチュアリー シネマ・コンサート
日時:2021年12月25日(土)13:00開場/14:00開演
会場:パシフィコ横浜・国立大ホール
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1−1
上映作品:ラブ・アクチュアリー(英語上映・日本語字幕付き)/2004年公開作品
音楽:クレイグ・アームストロング/監督・脚本:リチャード・カーティス
上演時間:2時間42分(休憩20分含む)
チケット価格(税込/全席指定):Xmasペアチケット 18,000円(S席×2枚:隣席、数量限定)/S席 9,800円/A席 7,800円
Love Actually © 2003 WT Venture LLC. All Rights Reserved.

■ニュー・シネマ・パラダイス シネマ・コンサート
<東京公演>
日時:2022年1月10日(月・祝)13:00開場/14:00開演
会場:東京国際フォーラム ホールA
住所:東京都千代田区丸の内3丁目5−1
<大阪公演>
日時:2022年1月16日(日)14:00開場/15:00開演
会場:フェニーチェ堺 大ホール
住所:大阪府堺市堺区翁橋町2-1−1
上映作品:ニュー・シネマ・パラダイス(イタリア語上映・日本語字幕付き)/1989年公開作品
音楽(作曲):エンニオ・モリコーネ/監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
上演時間:2時間24分(休憩20分含む)「劇場公開版」
チケット価格(税込/全席指定):
・東京公演:S席 9,800円 / A席 7,800円
・大阪公演:S席 8,800円 / A席 6,800円
©1989 CristaldiFilm

<チケット発売スケジュール(各公演共通)>
チケット先行予約受付(先着):10月27日(水)23:00まで受付
チケット一般発売日:10月30日(土) 10:00〜
<出演(各公演共通)>
指揮:栗田博文
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
※ニュー・シネマ・パラダイス シネマ・コンサート大阪公演のみ、演奏:大阪交響楽団