「鈴木敏夫とジブリ展」が、京都文化博物館にて2022年4月23日(土)から6月19日(日)まで開催される。

スタジオジブリ・鈴木敏夫の“言葉”に着目

「鈴木敏夫とジブリ展」は、スタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫の“言葉”に注目した展覧会。鈴木敏夫は、作品の世界観をより多くの人に伝えるため、高畑勲や宮﨑駿といった監督の意図を捉え、その本質を“言葉”にして伝えてきた。

「鈴木敏夫とジブリ展」では、力強い“言葉”の数々とともに、『となりのトトロ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『かぐや姫の物語』など、数々のアニメーション映画を世に送り出してきた鈴木敏夫が「読んできた本」と「その時代背景」に焦点を当てる。

鈴木敏夫が読んだ漫画や小説など書籍約8,800冊を紹介

会場では、戦後の名古屋で育った鈴木敏夫がこども時代から読んできた漫画や小説をはじめ、青春時代を経て社会に出てからもなお読み続けている歴史本やノンフィクション、評論本などを一挙に紹介。

鈴木敏夫の血肉となった約8,800冊の書籍や映画作品を通じて、作品や作家からどのような影響を受け、鈴木敏夫の思考術を構築していったのかを探る。同時に、鈴木敏夫がどのように作り手と向き合い、プロデューサーとしてスタジオジブリ映画を確立していったのかを辿っていく。

少年時代の理想の詰まった鈴木敏夫のお部屋

1950年代、鈴木敏夫の少年時代の記憶をベースに作られた四畳半の部屋。ここはすこし「理想」を添えて再現。鈴木は、少年時代、部屋の壁には好きなものがぎっしり、漫画雑誌は捨てず、すべて部屋に溜め込み、暇さえあれば読んでいたという。スタジオジブリ誕生の秘密を探る。

京都老舗のグッズ付チケットも

通常チケットに加え、京都の老舗によるグッズ付きのチケットも販売される。京都の伝統的な“京友禅”で鈴木敏夫の書やメインビジュアルを染め上げた「おふき」が付いてくるチケットや、創業175年の京の老舗「緑寿庵清水」が手がける金平糖付きのチケットを用意。金平糖は、『千と千尋の神隠し』に登場する「ススワタリ」をイメージしたものと、「ススワタリ」の大好物の金平糖をイメージしたものの2種類を揃える。

【詳細】
鈴木敏夫とジブリ展
会期:2022年4月23日(土)〜6月19日(日)
会場:京都文化博物館
住所:京都府京都市中京区三条高倉
休館日:月曜日 ※ただし、2022年4月25日(月)、5月2日(月)は臨時開館
開室時間:10:00〜18:00 ※金曜日は19:30まで(入場はそれぞれ30分前まで)
入場料:一般・大学生 1,600円(1,400円) / 中・高校生 1,300円(1,100円) / 小学生 1,000円(800円)
※( )内は、前売・団体料金
※前売は2022年2月19日(土)〜4月22日(金)販売
※未就学児、障がい者手帳等持参者と付き添い1名まで無料(要証明)
※学生料金で入場の際には学生証の提示が必要
一般発売日:2022年2月19日(土) 10:00〜
※ローチケ(Lコード:56038)、チケットぴあ(Pコード:993-508)、イープラス、CNプレイガイド、楽天チケット、セブンチケットにて発売。
※チケットに関する問合せは、各プレイガイドに確認。

■グッズ付きチケット
・京友禅「おふき」付チケット 一般のみ 当日 2,200円、前売 2,000円
販売期間/場所:2月19日(土)〜6月19日(日)/セブンチケット
・京の老舗「緑寿庵清水 金平糖」付チケット一般のみ 当日 2,800円、前売 2,600円
販売期間/場所:2月19日(土)〜6月19日(日)/ローソンチケット

【問い合わせ先】
京都文化博物館
TEL:075-222-0888