鈴木亮平主演の救命医療ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』が映画化。映画『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』として、2023年に公開される。

救命医療ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』とは

『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は、2021年7月期にTBS日曜劇場枠で放送された本格救命医療ドラマ。物語の舞台は、都知事直轄の「TOKYO MER」という救命救急医療のプロフェッショナルチームだ。

“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称。最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施す。彼らに課されたミッションは“一人も死者を出さないこと”。

自らの危険をかえりみず患者の命を救うため、立てこもり事件やトンネル崩落事故、また爆破テロの現場に果敢に飛び込んでいく「TOKYO MER」メンバーの姿を描いたドラマ版は、多くのファンを魅了。最終回放送終了後に続編や映画化を期待する声があがり、その熱い要望を受けて映画化が決まった。

鈴木亮平続投で映画化

映画『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の主演は、鈴木亮平が続投。『燃えよ剣』『土竜の唄 FINAL』『孤狼の血 LEVEL2』など、ドラマだけでなく映画でも出演作が立て続けに公開されている鈴木亮平が、スクリーンでどのような活躍を見せるのか、期待が募る。また、賀来賢人、中条あやみ、菜々緒、仲里依紗、石田ゆり子といったおなじみの豪華キャストも引き続き参加する。

<登場人物&キャスト>
主人公・喜多見幸太(鈴木亮平)
「TOKYO MER」のチーフドクターで、驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医。「待ってるだけじゃ、助けられない命がある」という強い信念で、どんな苦境にも勇猛果敢に突き進む。どれほど切迫した状況でも声を荒らげることなく、冷静沈着に要としてチームを引っ張っる。

音羽尚(賀来賢人)
喜多見を支える医系技官。
弦巻比奈(中条あやみ)
循環器外科とMERチームを兼務する研修医。

千住幹生...要潤
冬木治朗...小手伸也
徳丸元一...佐野勇斗
ホアン・ラン・ミン...フォンチー
蔵前夏梅...菜々緒
久我山秋晴...鶴見辰吾
駒場卓...橋本さとし
白金眞理子...渡辺真起子
高輪千晶...仲里依紗
赤塚梓...石田ゆり子

主演・鈴木亮平のコメント

主演を務める鈴木亮平は、映画化にあたり、下記の通りコメントを寄せた。

<鈴木亮平 コメント全文>
映画化と聞いて、なによりも「MER」メンバーに再び会えると思うと今からとてもワクワクしています。『TOKYO MER』が描いてきたのは、たった一つしかない命の大切さ。そしてそれを支える医療従事者をはじめ、消防隊、警察など、誰かのために頑張っている人たちの勇気ある心です。

ドラマ放送中は、僕たちも皆様からたくさんの勇気と熱い感想をいただきました。今回そのお気持ちに、映画化という最高の形で恩返しできることが本当にうれしいです。そして、現実でもまだ予断を許さない状況が続いているからこそ、医療従事者の方々の魂を伝えられる作品を作りたいと思っています。

ドラマの時にも巨大なスケールで描かれた『TOKYO MER』が、映画になるとどうなってしまうのか・・・僕もまだ想像できていないのですが、間違いなくさらにスケールアップした作品になるでしょう。責任重大ですね。楽しみですが、少し怖くもあります(笑)。

我々「MER」メンバーもドラマと同じレベルのものをお見せするわけにはいきません。個々のスキルもチームワークもさらにパワーアップして、成長した姿を見ていただきたいです。劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜を是非ご期待ください。お楽しみに!

【詳細】

映画『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』
公開時期:2023年
脚本:黒岩勉
企画プロデュース:高橋正尚
プロデューサー:八木亜未、辻本珠子
監督:松木彩
出演者:鈴木亮平、賀来賢人、中条あやみ、要潤、小手伸也、佐野勇斗、フォンチー、菜々緒、鶴見辰吾、橋本さとし、渡辺真起子、仲里依紗、石田ゆり子