オーラリー(AURALEE)の2022年秋冬コレクションが発表された。

温かく、軽やかに包み込む“親密さ”

今季のオーラリーのコレクションをあえて一言で要約するならば、それは「親密性」だと思う。身体を包み込むようでありながら、決して堅く、重苦しくはない。ミニマムかつクラシカルな表情を基調に仕上げられたウェアは、むしろ柔らかく軽やか、それでいてさらさらと降りそそぐ光の粒子に包まれるように、温かな雰囲気に満ちている。

たとえば、クラシカルなムードを漂わせるツイード。ステンカラーコートやダブルブレストのロングコート、ジャケットには、ウールシルクアルパカ素材のヘリンボーンを採用した。ブラウンを基調とする奥行きのある表情と温かみのある風合いは重厚さを湛えつつも、そのテクスチャーは柔らかく、身にまとえば軽やか。あるいは、ウールカシミヤとオーガニックコットンなど、多彩なツイードを展開している。

ツイードアイテムと同様、ガウンのようなロングコートやフード付きコートなど、アウターはボリュームがありつつも柔らかく軽やかに仕上げられている。上品で柔らかなシルエットはテーラードアイテムにも当てはまり、シングルブレストのジャケットやチェスターコートなど、いずれもしなやかに身体に寄り添い、端正なラインを描いている。

ニットもまた、温かみと軽やかさを持ち合わせたアイテムの最たる例だろう。起毛感のあるモヘアやアルパカのニットは、空気をふわりを含み持ったよう。また、ロング丈のカーディガンや抜け感のあるキャミワンピースなど、肩の力を抜いたリラクシングなムードが感じられる。

着こなしは全体としてトーン・オン・トーンでまとめつつ、異なる素材感のレイヤードにより奥行きをもたらしている。ロングコート、ジャケット、ニット、パンツと、異なる素材が生みだす繊細な階調は、温かみのある素材感と相まって穏やかな温かみを引き立てる。また、クラシカルなツイードのコートには、独特の底光りを帯びたブラウンのレザーコートやパンツを、あるいは中綿入りのカジュアルなベストには、起毛感のあるニットやクリーンなシャツを、というように、時として素材ばかりでなくテイストも異なるアイテムのレイヤーが心地よいコントラストをもたらしている。

カラーは、エクリュやベージュ、キャメル、ブラウンなどのニュートラルカラーが、温かみのある素材感と相まって、柔らかな雰囲気を醸しだす。そこにほんのりと色をさす、ニットのワンピースやカーディガンの淡いピンク。そして、温かみのある素材感にヴィヴィッドな彩りをもたらすコバルトブルーやグリーンが、コレクション全体の色彩感を引き締めた。