プラダ(PRADA)は、アーティストのCassことカシアス・ハーストとコラボレーション。カスタマイズスニーカーのカプセル・コレクションを、2022年5月20日(金)よりプラダ ミヤシタパーク店、阪急メンズ大阪2階店にて販売する。

カシアス・ハースト - スニーカーを使ったアートを制作

カシアス・ハーストは、イギリスの現代美術家ダミアン・ハーストの息子であり、自身もアーティストとして活動。2018年に初めてスニーカーをキャンバスとして使用して以来、クラシックなナイキのスニーカー「エアフォース 1」をキャンバスに、手作業でスプレーペイントを施し、リメイクすることでクリエーションを行ってきた。

カシアス・ハーストの作品はエイサップ・ロッキーやプレイボーイ・カーティ、オフセット、リアーナ、AJ・トレイシー、ヴァージル・アブローなどの目にも留まり、カルト的な人気を誇っている。

プラダ×カシアス・ハーストがタッグ、4型のスニーカー

デザイン性と機能性の両方を落とし込んだ「プラダ リネア・ロッサ」とカシアス・ハーストのタッグによって生み出された今回のカプセル・コレクションでは、4型・全22種類のスニーカーを展開する。

いずれも、ベースとなるのは90年代後半に「ルナ・ロッサ」セーリングチームに向けて人間工学に基づいてデザインされた「プラダ アメリカズカップ スニーカー」。ネオンスプレーによるペイントや、質感を変化させるディテールによってカスタマイズが施されている。

ネオンスプレーやペイントでカスタマイズしたスニーカー

4型のモデルにはそれぞれ音楽の世界にちなみ、音の限界や変化の段階を表す「エンベロープ」に由来する名前が付けられている。ネオンスプレーを吹き付けた「ATT4CK」、レザーが剥離し褪色したような質感の「D3CAY」、ソリッドな光沢があり、ホワイトのオーバーペイントを施した立体的なディテールの「SUST4IN」、ネオンスプレーのグラデーションをあしらった「REL3ASE」と、シューズそのもののデザインやムードを反映したネーミングが施されている。

尚、全てのスニーカーは、イタリアにて手作業で制作。風合いにはハンドメイドならではの個体差があり、1足ごとにユニークなスタイルを楽しめる。また、各スニーカーには「CASS」のサイン入りのラベルをオン。カシアス・ハースト自身の脳をスキャンしたロゴ入りボックスに入れて、販売される。

【詳細】
プラダ「Cass x Prada」〈全世界3,000足限定〉
店頭発売日:2022年5月20日(金)
展開店舗:プラダ ミヤシタパーク店、阪急メンズ大阪2階店、プラダ 公式オンラインストア
※プラダ 公式オンラインストアでは5月17日(水)〜発売。
価格:236,500円(予定価格)

【問い合わせ先】
プラダ クライアントサービス
TEL:0120-45-1913