eill(エイル)の新曲「フィナーレ。」が、2022年9月9日(金)に全国で公開されるアニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の主題歌に決定。なお、新曲「プレロマンス」は同映画の挿入歌となる。

eillの新曲「フィナーレ。」がアニメ映画主題歌に

eillは、シルキーかつソウルフルな歌声が魅力のシンガーソングライター。2021年にテレビアニメ『東京リベンジャーズ』のエンディング主題歌「ここで息をして」でメジャーデビューを果たし、その後も「hikari」「花のように」などの配信シングルを立て続けにリリースして注目を集めてきた。

そんなeillの新曲「フィナーレ」は、アニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の主題歌として書き下ろしたもので、“色褪せない愛”を歌った楽曲。映画の幻想的でエモーショナルな世界観にそっと寄り添うような1曲となっている。

新曲「プレロマンス」は映画の挿入歌

なお、『夏へのトンネル、さよならの出口』の挿入歌「プレロマンス」もeillが担当。新曲「プレロマンス」は、“なにか物語が始まる前のトキメキ”を描いた1曲になっているという。

映画『夏へのトンネル、さよならの出口』人気小説が原作

劇場版アニメ『夏へのトンネル、さよならの出口』は、八目迷による同名小説を原作とするアニメ映画。原作は八目迷のデビュー作品にして第13回小学館ライトノベル大賞のガガガ賞と審査員特別賞のW受賞を果たした人気作で、ある少年と少女のひと夏の成長物語となっている。映画版では、鈴鹿央士&飯豊まりえが声のW主演を務める。

<eillコメント>
今回、オファーを頂いてから何度も原作を読み返して、主人公のふたりの心の中を覗きながら、日々を一緒に過ごして曲を作りました。同じ時間を過ごすと、似てきたり、お互いのことがわかってくるように、ふたりの共同戦線は、どんどん深く、明確な絆に変わっていく。そんな真っ直ぐなふたりが私はとても好きで、色褪せない愛を歌った主題歌を「フィナーレ。」と名付けました。そして、なにか物語がはじまる前のトキメキを描いた挿入歌を「プレロマンス」と名付けました。さらに、過去曲の「片っぽ」も劇中歌として選んで頂けて、本当に光栄です、、、。楽曲では、海の音や原作に纏わる効果音、音楽で作れるワクワクを沢山!詰め込んだので、ぜひ楽しみにして頂けると嬉しいです!私も、劇場で観れるのが待ち遠しいです。

【詳細】
eill 新曲「フィナーレ。」
※配信日・CD発売日等リリース情報未定。
※2022年9月9日(金)公開のアニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』主題歌。