ディガウェル(DIGAWEL)の2022年秋冬コレクションが発表された。

ベーシックウェアを「リメイク」

ディガウェルの今季のテーマは「リメイク(REMAKE)」。クラシカルやカジュアルなテイストのベーシックウェアを、いわばブリコラージュ的にアレンジし、遊び心を効かせたアイテムに作りなおしてゆく。たとえばトレンチコートやチェック柄のチェスターコートは、フロントのボタンをなくしてパイピングとフック仕様にアレンジ。テーマどおりリメイクされたような表情でありつつも、トレンチコートではエポーレットやヨークといった特徴的なディテールを排することで、ある種ミニマルさを基調としている。

また、スタッズをあしらったベストは、定番のデニムジャケットのシルエットをベースにしつつ、そのスリーブをばっさりと切り落としたよう。ブルゾンはあたかもステンカラーコートをウエストでカットしたようで、裾にはゴムを入れて。パンツは素材の切り替えや裏返しのようなデザインでアレンジ。あるいは上品なシャツやラフなスウェットプルオーバーにはフードを取り付け、ブリコラージュ感あふれる切りっぱなし仕様で仕上げた。

シャツにも、存在感のあるアレンジを。フロントやバックに大胆なペイズリーの刺繍を施し、あるいは馬やアヒルを図案化したオリジナルの柄を用いるなど、シンプルなシルエットを基調としつつ、柄が際立つ仕上がりとなっている。

今季は、ウル(URU)と2回目となるコラボレーションアイテムを展開。ブルゾンは素材をレイヤリングさせた1着で、裾の波打つフロントには繊細なスカラップ刺繍を施し、その下にはぱきっとしたストライプ素材を組み合わせた。また、布団のように心地よいキルティング素材は、かわいらしい動物のイラストを散りばめて、ロングベスト、ブルゾンやパンツのポケットなどに採用している。

一方、ジェイプレス(J.PRESS)とのコラボレーションによるクレスト(CRST)も継続。今季はアメリカをテーマに、落ち着いたトーンをベースとしつつも、首元や裾、袖口を鮮やかなカラーのストライプで彩ったスタジャンや、チェック柄裏地のストライプシャツなど、カジュアルなスタイルのアイテムを取り揃えた。

また、ディガウェルとディッキーズ(Dickies)の初のコラボレーションも実現。ブリーチやチノなどのパンツを用意する。さらに、エフシーイー(F/CE.)とのコラボレーションでは、2021年秋冬でも登場したダウンジャケットの素材をアレンジ。ボリューム感あるスリーブと短めの丈というバランスはそのままに、表地を温かみのある素材で仕上げた。