チノ(CINOH)の2023年春夏ウィメンズコレクションが発表された。

“女性の美しさ”を際立たせるマニッシュなピース

遊び心と高揚感を持った大人のリアルクローズを提案するチノ。今季は、マニッシュながらも女性らしいエレガンスやヘルシーな部分が垣間見える、シックで洗練された印象のピースを揃えた。

繊細なレースや刺繍のディテール

ベースとなるのは、ジャケットやシャツ、ショートパンツといったマスキュリンなアイテム。だが、“メンズアイテムっぽさ”を一切感じないのは、それらに女性の美しさを引き立たせるディテールが備わっているからだろう。たとえば、ハーフスリーブシャツはショルダー部分に透け感のあるレースのフラップをプラス。ショートパンツには立体感のある刺繍をあしらい、繊細で優美な雰囲気に仕上げている。

カッティングでヘルシーに肌見せして

動きの中で肌を美しく魅せるカッティングにも注目したい。ハンサムなジャケットは、ポケットの上を四角く切り抜くことでさりげなく肌見せして。布地はあえて切りっぱなしのままにすることで、強い印象はキープした。光沢感とハリのあるワイドパンツも膝部分を切り込み、歩くときにちらりと素肌が覗くよう仕立てている。

透け感のある素材で軽やかさを

シアーな素材使いも、センシュアルなムードを加速させるポイント。その好例となるのが、ショート丈のジッププルオーバーに、透け感のあるシャツワンピースをレイヤードしたスタイルだ。ネイビーで上下を統一しながらも、密なプルーバーと軽やかなワンピースの質感のコントラストによって新鮮な表情を演出。足元には重厚感と軽やかさのバランスが絶妙な編み上げサンダルを合わせ、全体を美しくまとめた。

柔らかくエレガントな“ライラック”の差し色

ベージュ、ホワイト、ブラックといったシックで落ち着いたカラーパレットには、アクセントとしてエレガントなライラックを差し込んで。春の穏やかな陽気を感じさせる薄紫色が、コレクションに女性らしい柔らかなムードをプラスしている。