オーデマ ピゲの腕時計「ロイヤル オーク コンセプト フライング トゥールビヨン GMT」に新モデルが登場。2022年10月以降に発売予定だ。

ロイヤル オーク コンセプト初となるグリーンセラミックモデル

2002年に、ロイヤル オークの30周年を記念し誕生した、「ロイヤル オーク コンセプト」。コンセプトカーから着想した本モデルは、トレードマークである八角形のフォルムはそのままに、航空産業で用いられる軽量で耐久性の高い合金と、アラクライト602&チタンを組み合わせた大きな44mmのケースが特徴。当初は1度のみの限定モデルとして登場したが、その後コレクションに発展し、展開している。

今回の新モデル「ロイヤル オーク コンセプト フライング トゥールビヨン GMT」は、「ロイヤル オーク コンセプト」では初となる、グリーンセラミックを採用。サンドブラストのチタンケース、ベゼル、リューズ、プッシュピースの全てをグリーンセラミックで仕上げている。

ダイヤルからも鑑賞できるムーブメント

「ロイヤル オーク コンセプト」のデザインコードである、ダイヤル側・ケースバック側のどちらからも見えるムーブメントにも注目。搭載される手巻きキャリバー2954は、約10日間のパワーリザーブを実現している。

また、3時位置には、一目で第2時間帯を読み取れるGMT表示を配置。第二時間帯は12時間表示となる。6時位置のリューズ位置インジケーターは、リューズの巻真がH(時刻調整)、N(ニュートラル)、R(巻上げ)のどの位置にあるかを表示する。

日本限定バーガンディカラーも

なお、日本限定となる、「ロイヤル オーク コンセプト フライング トゥールビヨン GMT」のバーガンディカラーも展開。合わせて注目してみてほしい。

【詳細】
オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク コンセプト フライング トゥールビヨン GMT」
発売時期:2022年10月以降
※現在入手困難のため、在庫はオーデマ ピゲ各店舗に問い合わせ。
※価格は要問合せ。

<仕様>
〇機能
フライング トゥールビヨン、GMT24時間表示、ファンクションセレクター、時、分
〇ケース
ケース径:44mm
ケース厚:16.1mm
サンドブラスト仕上げチタンケース、グリーンセラミックのベゼル、反射防止加工サファイアクリスタルとケースバック、グリーンセラミックのプッシュピースとネジ込み式リューズ、サンドブラスト仕上げチタンのプッシュピースガード、10気圧防水
〇ダイヤル
サファイアプレートの3時位置にセカンドタイムゾーンインジケーター、6時にリューズ位置インジケーター、蓄光処理を施したピンクゴールドのロイヤルオーク針、ブラックインナーベゼル
〇ストラップ
グリーンラバーストラップ、サンドブラスト仕上げチタンのAPフォールディングバックル、ブラックラバーストラップ付属
〇ムーブメント
手巻きキャリバー2954
外径:35.6ミリ(15 3/4リーニュ)
厚さ:9.15mm
石数:24
部品数:348
パワーリザーブ:約237時間
振動数:3Hz(21,600振動/時)