オメガ(OMEGA)は、世界初のムーブメントを搭載した2つの腕時計「オリンピック 1932 クロノチャイム」「スピードマスター クロノチャイム」を発表。

クロノグラフ×ミニッツリピーターの世界初ムーブメント誕生

2つの新作ウォッチに搭載されるムーブメントは、世界初となる、クロノグラフとミニッツリピーターが一体化した「コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー1932」だ。2つを一体化することで、“計測した時間をチャイムで知らせる”という、これまでにないユニークな機能が完成した。

正確な計測時間を知らせる美しい音色

オメガの高い技術により、時間を正確に計測するのはもちろん、チャイムの美しい“音色”にもこだわっている。ダブルハンマーがケースの18K セドナゴールド製のゴングを打ち、10秒は低音と高音が続けて鳴り、秒は高音、分は低音で経過時間を知らせてくれる。

「オリンピック 1932 クロノチャイム」

ムーブメントを搭載する、2つのウォッチにも注目。1つは、「オリンピック 1932 クロノチャイム」。オメガによる世界初のミニッツリピーター腕時計と、ロサンゼルスでのオリンピックでオメガが計時に使用したポケット クロノグラフを紐づける、こだわりのディテールを落とし込んだモデルだ。

18K セドナゴールド製のケースに収まるのは、“グラン・フー”エナメルのダイアル。ギヨシェ彫りの925シルバー製インナーベゼルが施され、サブダイアルには、チャイムの音波を視覚的に表現した“エクスクルーシブ アコースティック ウェーブ”パターンがあしらわれている。

インデックスのアラビア数字とミニッツトラックは、ブラックの“プチ・フー”エナメルによるもの。これは、1932年のポケットクロノグラフへオマージュを捧げたものだ。

5時位置のチャイム プッシュボタンには、音符を配置。11時位置のスプリットセコンド プッシュボタンには、スプリットセコンド針と呼応するレッドのハイブリットセラミック製リングを備えている。

首から下げてストップウォッチ風に使用できるレザーストラップ付属

また、ケースバックには「Official Timekeeper Olympic Games」 、「Co-Axial Master Chronometer」、そしてウォッチナンバーが美しく刻印されている。ストラップは、18K セドナゴールド製のバックルが付属する、ブラウンのレザーストラップを採用、予備のレザーストラップに加え、タイムキーパーのようにストップウォッチとして首にかけるためのレザーコードもセットとなる。

「スピードマスター クロノチャイム」

もう1つは、第2世代のスピードマスター“CK2998”にインスピレーションを得た、「スピードマスター クロノチャイム」。日常使いにぴったりな、45mmケースのクラシックなビジュアルが特徴だ。

ブルーのアヴェンチュリン“グラン・フー”エナメルのダイアルには、18K セドナゴールド製の“エクスクルーシブ アコースティック ウェーブ”パターンが施されたインナーベゼルとサブダイアルを配置。インデックスと時針・分針は、ダイヤモンドポリッシュ仕上げのセドナ ゴールドを採用し、高級感のある見た目に仕上げている。針の先端のレッドと、CVDコーティングを施したサブダイアルのブルーの針が、デザインのアクセントとなっている。

また、8時位置にチャイム、2時位置にスプリットセコンドのプッシャーを配置。「オリンピック 1932 クロノチャイム」とは異なる位置に並べている。

ケースとの一体感を演出すべく、18K セドナゴールド製ブレスレットとバックルを組み合わせている。

チャイムが心地よく響く特別なボックス

なお、ウォッチは、チャイムの音を増幅させる共鳴板を備えた、特別仕様のウォルナット製ボックスに納められる。

【詳細】
オメガ 2022年新作腕時計
■「オリンピック 1932 クロノチャイム」62,370,000円(予定価格)
ムーブメント:Cal.1932
振動数:毎時36,000振動(5Hz)
パワーリザーブ:60時間
脱進機:コーアクシャル脱進機
ケース径:45mm
厚さ:16.9mm
防水性:30m

■「スピードマスター クロノチャイム」66,825,000円(予定価格)
ムーブメント:Cal.1932
振動数:毎時36,000振動(5Hz)
パワーリザーブ:60時間
脱進機:コーアクシャル脱進機
ケース径:45mm
厚さ: 17.3mm
防水性:30m

※いずれも発売日未定。

【問い合わせ先】
オメガお客様センター
TEL:03-5952-4400