展覧会「柚木沙弥郎 life・LIFE展」が、京都の美術館「えき」KYOTOにて、2022年11月11(金)から12月25日(日)まで開催される。

染色家・柚木沙弥郎の“くらし&人生”を感じる展覧会

柚木沙弥郎は、2022年に100歳を迎えた現在も現役で活動する染色家・アーティストだ。染色のほか、版画、人形、絵本などさまざまな作品を制作・発表。国内の公立美術館のみならず、フランス国立ギメ東洋美術館でも展覧会を開催するなど国内外で評価されている。

「柚木沙弥郎 life・LIFE展」では、“くらし”と“人生”をテーマに、柚木が1990年代から手掛けるカラフルで愉快な絵本作品の原画約80点や、紙粘土と布で作られた人形、型染めで布に模様を大胆に染めた色とりどりの染色作品約30点を展示する。

“ワクワク楽しい”展覧会限定グッズも

本展では、柚木の作品にちなんだグッズを多数展開。A3変形型の判型で作られた大きな作品集は、広巾布の長さが2〜3メートルほどもある染色作品をはじめ、愉快な絵本の原画、紙粘土と布で作られた人形の図版を収めた図録。今回キュレーションを務めた林綾野による柚木のインタビュー「心を形で残す」も収録し、大充実の特製アートブックだ。

“イヌ”と“スケボー”ワンポイントのトレーナー

日本製Tシャツの先駆けとなる「色丸首」を開発したTシャツメーカー、久米繊維工業とコラボレートしたトレーナーも登場。柚木によって描き下ろされた“イヌ”と“スケボー”の絵柄をワンポイントとした、染み込みプリントのヴィンテージ風に仕上げた。

マグやポストカードなども

また、長崎の波佐見町でつくられた白山陶器による別注豆皿やマグ、染色作品や絵本の原画を採用したポストカード、マスキングテープなど見て楽しいカラフルなグッズが多彩に展開される。

【詳細】
柚木沙弥郎 life・LIFE展
会期:2022年11月11日(金)〜12月25日(日)
会場:美術館「えき」KYOTO
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
開館時間:10:00〜19:30(入館は閉館30分前まで)
入館料:一般 900円、高・大学生 700円、小・中学生 500円
※障害者手帳の提示者と同伴者1名は、当日料金より各200円割引。
※作品展示やイベント内容は変更、または中止になる場合あり(最新情報は美術館ホームページにて確認のこと)
グッズ:
・展覧会図録『柚木沙弥郎 life・LIFE展』5,500円
※図録表紙は4種類。数量に限りある商品あり。
※図録には京都展で展示のない作品も収録されている。
・KYOTOピンバッチ 880円
・ポストカード(11種) 各165円<展覧会限定>
・大判ポストカード(8種) 各220円<展覧会限定>
・白山陶器 life・LIFE豆皿(4種) 各2,200円<展覧会限定>
・白山陶器 life・LIFEマグ(2種) 各4,950円<展覧会限定>
・マスキングテープ(2種)各825円<展覧会限定>
・Life・LIFEカスタムタイル(12種) 各880円<展覧会限定>
・くるみボタンブローチ(10種) 各1,320円
・久米繊維工業 life・LIFE トレーナー(2種/M・L) 各6,600円<展覧会限定>
・久米繊維工業 life・LIFE Tシャツ(4種/S・M・L) 各4,950円<展覧会限定>
※数量限定商品があるため、品切れの場合あり。

※本展は写真撮影が可能。
・撮影には注意事項あり。会場内の掲示を確認のこと。
・混雑時などは撮影を制限する場合あり。
・状況により中止の場合あり。

【問い合わせ先】
TEL:075-352-1111 (ジェイアール京都伊勢丹・大代表)