お手頃価格で便利な生活雑貨を扱う100円ショップの「ダイソー」。じつはオーディオ製品も扱っています。SNSなどを中心に話題となっているのが「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」。

 どこか懐かしくかわいらしいデザインで、インテリア用品としても映えると評判です。見た目はかわいらしいですが、音質などの機能面が気になるところですよね。今回は、実際に使ってみた感想や注意点などをお伝えします!

●コロンとしたデザインがどこか懐かしい

 ダイソーの「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」は、コロンとした丸みのあるデザインです。またボタンやダイヤルがレトロ調なので、どことなく懐かしい雰囲気がありますよね。

 いまはスタイリッシュなデザインのスピーカーがたくさんありますから、「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」はレトロなデザインが逆に新鮮なのかもしれません。

●使用方法と充電・再生時間は?

 「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」にはUSB充電コード(50cm)が1本付いています。USB充電式なので、さまざまな場所で使用できるのが魅力です。充電時間は約3時間、再生時間は4.5時間(最大音量)となっています。

 電源をオンにすると「Bluetooth mode」という音声が聞こえてきます。そしてスマートフォンのBluetooth設定画面に「SR1323」が表示されるので、接続すれば設定完了です。対応機種はBluetooth 5.0以上のデバイスとなっています。

 また「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」にはボタンが付いています。左から「電源ON/MODE」「前の曲へ戻る」「停止/再生」「次の曲へ飛ばす」の4つです。さらにボタンの下部には充電ポートとmicroSDカードスロット、音量調整ができるダイヤルが付いています。ボタンで操作できることはスマートフォンからも操作可能です。ただ作動範囲が10mなので、スマートフォンと「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」の距離に注意が必要です。

●サイズ感も音質もちょうど良い

 デスク上に置いて使う場合、サイズが気になりますよね。サイズは11.5(幅)×7(高さ)×6.3(奥行)cmとコンパクトな作りになっています。写真では「iPhone 8」と比較していますが、コンパクトなサイズ感が分かると思います。デスク上においてもあまり邪魔に感じません。

 もっとも気になるスピーカーの音質ですが、低音がしっかり響くので、近くで音楽を聴くと心地良さがあります。また接続が途中で途切れることもなく、雑音も入りませんでした。ストレスなく音楽を楽しむことができます。

●インテリアとしてもおしゃれ

 「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」は使用していなくても、置いておくだけでおしゃれな雰囲気になります。デスク上だけではなく、本棚などに置いておくのもよいかもしれません。

 今回購入したのはピンクですが、他にブルーとホワイトがあります。販売価格は770円(税込)です。ダイソーの商品としては価格が高いと感じてしまうかもしれませんが、音楽を楽しめるレトロな雰囲気のスピーカーとしてさまざまなシーンで活躍するコスパの良い商品だと感じます。ダイソーネットストアでも取り扱っています。気になる人は要チェックです。