カシオ計算機は6月10日、薄型フォルムが特徴の「OCEANUS Manta(オシアナス マンタ)」シリーズから、ベゼルに江戸切子を採用し、ガラスに差し込んだ斜光を表現した「OCW-S5000EK」を世界限定1000個で発売します。メーカー希望小売価格は25万3000円(税込)です。

●「OCW-S5000EK」の特徴

 「OCW-S5000EK」は、斜光をデザインモチーフとして、ベゼルのサファイアガラスリングに40本に及ぶ放射状の切子カットを施した薄型メタルウォッチです。

 「堀口切子」の職人である三代秀石 堀口徹氏による監修のもと、江戸切子の技法の「千筋」を職人が一点ずつ施しています。

 9時側のインダイアルを中心とした変則的な切子カットは、ベゼルリングの持ち方により削る角度や作業時間など、1点ずつ微妙な調整が施されてるため、見る角度によって切子の輝きが変化するのも特徴です。

 ベゼルカラーには、切子の美しさが際立つシルバーの蒸着を、全体には、パープルが垣間見えるブルーからブラックに変化するグラデーション蒸着を採用しています。

 機能面では、Bluetoothを利用したスマートフォンリンクによる時刻修正機能や、アプリに内蔵されている約300都市からワールドタイムの都市設定が行える機能を搭載しています。

●商品概要

・商品型番:OCW-S5000EK

・メーカー希望小売価格:25万3000円(税込)

・発売日:6月10日

・販売個数:1000個