ホンダは、コンパクトミニバン「FREED(フリード)」「FREED+(フリードプラス)」を一部改良するとともに、特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」を設定し、6月24日に発売します。

●ブラックをアクセントにした特別仕様車「BLACK STYLE」

 一部改良では、運転席・助手席シートヒーター、コンフォートビューパッケージ、ロールサンシェードなどを標準装備に。シート表皮に撥水撥油加工が施された「FABTECT(ファブテクト)」を新採用し、標準装備としています。

 ボディーカラーにも新色「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「フィヨルドミスト・パール」「トワイライトミストブラック・パール」を追加しています。

 特別仕様車「BLACK STYLE」はブラックをアクセントにしたエクステリア・インテリアで洗練されたスタイルに。クロスオーバースタイルの「CROSSTAR(クロスター)」のフロントグリルを採用し、15インチアルミホイールやアウタードアハンドル、ドアミラーなどをブラックで統一しています。インテリアもインストルメントパネル各部やシートカラーをブラックで仕上げています。

 価格(税込)は、FREEDが227万5900円から、FREED+が236万9400円から。BLACK STYLEはFREEDが241万3400円から、FREED+が243万5400円から。