ダイソーではさまざまなおもちゃが売っています。その中から、一際大きな棚で販売されていた「プチブロック(PETIT BLOCK)」シリーズに注目しました。

 「プチブロック」シリーズは、小さなブロックを組み合わせて立体物を組み上げるおもちゃ。「レゴのような」というと伝わりやすいかもしれません。ただしレゴよりもブロック1つ1つが細かいのがポイントです。多数種類が販売されていますが、今回は「シーラカンス」を作ってみました。販売価格は110円(税込)です。

●ダイソーの「プチブロック」で遊んでみた:開封

 内容物は、各ブロックと説明書、台座用ブロックです。プチブロックは、一般的なブロックと同様に、へこんだ部分に出っ張った部分をはめ込むことで自由につなげていける設計になっています。説明書にはシーラカンスを作るのに必要なブロックが一覧になっています。

●ダイソーの「プチブロック」で遊んでみた:実際に組み立ててみた

 まずは小さなパーツを組み立てます。これなら楽勝! と思い、設計図の次のフェーズに目をやると……突然難易度が上がったことに驚きつつ、せっせと組み立てていきます。正直に言うと、少し苦戦しました。

 だんだんと形になっていくのがなんとも楽しいです。しっぽ周辺と顔周辺はブロック同士が分解してしまいやすく、作業中何度も組み直しになりました。連結部分が少ないところは後回しにすると作業しやすいかもしれません。

 土台を組み立て、ヒレを付けたら完成です! ヒレは可動パーツなので、角度などの表情をつけることができます。

●ダイソーの「プチブロック」で遊んでみた:まとめ

 ブロックが足りなくならないかとドキドキしながら組み立てましたが、最終的には想定以上に余りました。結構多めに入っているようです。

 以上、ダイソーの「プチブロック」で遊んでみました。今回は設計図の通りに作りましたが、必要なブロックをそろえれば発想次第で自由に作品を作れるアイテムです。さらに、ブロック1つ1つが細かいため、繊細な表現が可能です。実際にSNSを見たところ、さまざまな作品が見られました。これは新しい「沼」の予感がしますね。

※商品の情報は購入時点(2022年5月)のものです。店舗によっては販売していない場合があります