カシオ計算機が展開しているウォッチブランド「エディフィス」。アナログ表示の洗練されたデザインに加え、スポーツウォッチ向け機能を取り入れたクロノグラフウォッチを数多くそろえています。

 同時にリーズナブルな価格帯のウォッチを幅広く展開しているのも魅力の1つです。そこで今回は、3万円以内で購入できる「エディフィス」の腕時計を5つピックアップしました。機能性にこだわったクロノグラフウォッチをお探しの人はぜひ参考にしてみて下さい。

●ECB-20YD-1AJF

 「ECB-20YD-1AJF」は、ステンレススチールのケースやベゼルを採用した高機能メタルクロノグラフ。丸型ベゼルを大胆に貫通する4つのビスや、オレンジやブルーのアクセントをインダイアルに用いることで、力強いデザインに仕上げています。

 ケースサイズは、49.5(縦幅)×46(横幅)×12.5(厚み)mm、重量は150g。心臓部にはレーシングチームの声を聞いて開発されたスマートフォンリンクモジュールを搭載。正確な時刻表示だけでなく、スケジュールタイマー・自動タイムゾーン補正といった機能もスマホで操作できます。Amazonでの販売価格は2万円前後(税込、以下同)です。

●EFS-S570YD-1AJF

 「EFS-S570YD-1AJF」は、ケースの厚みを9.7mmに抑え、装着性を高めたメタルクロノグラフ。ソーラー発電機能を搭載しているため、電池交換がいらずメンテナンス性の高さも特徴です。

 ケースサイズは、49(縦幅)×44(横幅)×9.7(厚み)mm、重量は146g。ステンレススチールの八角形フラットベゼルは、スポーティーながら、高級感を演出してくれます。Amazonでの販売価格は2万5000円前後です。

●EFS-S560YD-1AJF

 「EFS-S560YD-1AJF」は、ソーラー発電機能を搭載したスタンダードなメタルクロノグラフ。ケースの厚みを9.9mmに抑えているため、スタイリッシュな印象を与えてくれます。

 ケースサイズは、50.2(縦幅)×45.4(横幅)×9.9(厚み)mm、重量は147g。アクセントにライトブルーカラーを取り入れるなど、ダイアルやケースとのコントラストが美しい1本でもあります。Amazonでの販売価格は2万円前後です。

●ECB-10YDC-1AJF

 「ECB-10YDC-1AJF」は、オールブラックカラーで八角形のベゼルを採用したメタルクロノグラフ。ソリッドで力強い造形に仕上げています。またスマートフォンリンクにも対応しています。

 ケースサイズは、51(縦幅)×48.5(横幅)×12.5(厚み)mm、重量は165g。ケースとバンドには、傷つきにくい「Black ion plateフィニッシュ」を施しているため、アクティブなシーンでの着用にも向いています。Amazonでの販売価格は1万7000円前後です。

●ECB-900YDB-1CJF

 「ECB-900YDB-1CJF」は、文字盤にスポーツカーのタコメーターのようなデザインを施したクロノグラフ。ブラックカラーを基調にゴールドのアクセントカラーを入れることで、よりスポーティーな印象を与えてくれます。

 ケースサイズは、51.5(縦幅)×48(横幅)×13.9(厚み)mm、重量は165g。スマートフォンリンクにも対応しており、約300都市に対応したワールドタイム機能も備えています。また、腕を傾けるだけで文字板や液晶表示を照らすフルオートLEDライトを搭載しているため、夜間でも優れた視認性を確保してくれます。Amazonでの販売価格は2万1000円前後です。