買い物やサービスを利用してポイントを貯める「ポイ活」。獲得したポイントは買い物の支払いにも使えるので、節約にもなります。

 筆者は「楽天ポイント」でポイ活をしていて、2021年に獲得したポイント数は約13万ポイント。1ポイント1円として使えるので、13万円分得したことになります。ちなみに、昨年は「楽天ゴールドカード」を使用していました。そんな筆者がどうやってポイントを貯めているのか、この記事で紹介します。

●まずは「SPU」を知ろう!

 楽天には「SPU(スーパーポイントアップ)」という仕組みがあります。楽天のサービスを使えば使うほど、楽天市場での買い物のポイントがアップします。対象となっているのは、以下のサービス。これだけあると、ポイントもアップしやすいですよね(以下の()内は、ポイント還元率を記載しています)。

・楽天モバイル(1倍)

・楽天モバイルキャリア決済(0.5倍)

・楽天ひかり(1倍)

・楽天カード通常分(1倍)

・楽天カード特典分(1倍)

・楽天プレミアムカード特典分(2倍)

・楽天銀行+楽天カード(最大+1倍)

・楽天証券 投資信託(0.5倍)

・楽天証券 米国株式(0.5倍)

・楽天ウォレット(0.5倍)

・楽天トラベル(1倍)

・楽天市場アプリ(0.5倍)

・楽天ブックス(0.5倍)

・楽天Kobo(0.5倍)

・Rakuten Pasha(0.5倍)

・Rakuten Fashionアプリ(0.5倍)

・楽天ビューティ(0.5倍)

 楽天の豊富なサービスを利用することで、ポイントアップします。注意点としては、月が変わるとリセットされてしまうこと。毎月末日時点の倍率が当月内の楽天市場での買い物に反映されるので、同じ月でいくつものサービスを活用してポイントアップするのがコツです。

 楽天モバイルや楽天ひかり、楽天カードは継続して使っている可能性があるので、例えば楽天トラベルと楽天ブックスを同じ月に利用するというイメージです。楽天のポイントは、100円(税別、以下同)につき1ポイントがたまります。サービスによっては200円で1ポイントというものもあるので、楽天ポイントは比較的たまりやすいポイントといえるでしょう。

●買い物をするタイミングを決める

 楽天市場では毎月、「お買い物マラソン」や「楽天スーパーSALE」などのキャンペーンが行われています。「お買い物マラソン」は、楽天市場のショップの買いまわりでポイントが最大10倍になります。そのためポイ活では、このタイミングで買うのが必須です。エントリーが必要な点には注意しましょう。

 「楽天スーパーSALE」は例年3月、6月、9月、12月に行われてきました。「お買い物マラソン」よりもポイントアップするショップが多いので、このタイミングでまとめて購入するのもありです。

 また毎月1日は「ワンダフルデー」としてポイント3倍、リピート購入で2倍になります。18日は「楽天市場ご愛顧感謝デー」でポイント最大4倍、そして0と5の付く日は楽天カードも利用することでポイント5倍になります。さらに楽天イーグルス・ヴィッセル神戸が試合で勝った翌日はポイント2倍、ダブル勝利で3倍になるなど、イベントが盛りだくさんです。楽天市場のトップページに記載されているので、買い物をする前にチェックしてエントリーを忘れずに行いましょう!

●「スーパーDEAL」を確認

 楽天市場には、対象商品の購入金額の一部をポイントで還元するサービス「スーパーDEAL」があります(出典:楽天「スーパーDEALとは?」)。ポイント50%還元という商品もあるので、ここは要チェックです。もし欲しい商品があったら、このタイミングで買うのがおすすめです。

 筆者には、何度もリピートしている商品があります。「スーパーDEAL」の対象になることが多いので、それを待って購入するようにしています。欲しい商品をお気に入り登録しておくと、クーポンやポイントアップ、値下げ、そしてスーパーDEALの対象になったことをお知らせしてくれます(出典:楽天「お知らせ活用ガイド」)。

●カード変更でポイント率もアップするが……

 楽天ポイントをより多くためるには、楽天カードの使用は必須といってもよいでしょう。楽天カードには主に「楽天カード」「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」があります(出典:楽天カード)。

 「楽天カード」は年会費が永年無料です。また楽天市場での買い物のポイントは、楽天カード通常分で+1倍、楽天カード特典分で+1倍、そして楽天会員はもともと1倍になっているのでトータルで3倍になります。「楽天ゴールドカード」は年会費が2200円(税込、以下同)で国内空港や一部の海外空港のラウンジを年2回まで無料で使えて、ポイントは「楽天カード」と同じ合計3倍です。旅行好きな人にとってはお得なカードといえます。

 「楽天プレミアムカード」は年会費が1万1000円ですが、楽天市場での買い物ではポイント5倍になります。この内訳は楽天プレミアムカード特典分で+2倍、楽天カード特典分で+1倍、楽天カード通常分で+1倍、そして楽天会員なので1倍となりトータルで5倍になるというわけです。楽天市場をヘビーに使うなら年会費もポイントでペイできてしまうでしょう。

 また楽天市場以外での買い物の場合でも、「楽天カード」「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」を使うことで100円につき1ポイントが付与されます。

※一部ポイント還元の対象外、もしくは、還元率が異なる場合があります。また公共料金の支払いなどについては、100円につき1ポイントではない場合があります(参考:楽天「カード利用獲得ポイントの還元率が異なるご利用先」)

 筆者は昨年は「楽天ゴールドカード」でしたが、今年は「楽天プレミアムカード」に変更しました。昨年はPayPayモールをよく利用していたので、「楽天プレミアムカード」の年会費が惜しいと思っていたのです。でもふたを開けてみると、楽天市場での買い物の総額の方が多かったので、それならポイントがたまるようにカードを変更しようと思ったのです。

 ただ、楽天カードを使った時に付与されるポイントには上限があります。これは「お買い物マラソン」や「SPU」でも同じです。買い物をする前に必ず確認しておきましょう。

●ポイント欲しさに余計な買い物はしないようにしよう

 ポイ活で重要なのは、ポイントをためることだけではありません。ポイント欲しさに余計な買い物をしないことも、とても大切です。ポイントのために、それほど必要ではないものを購入するのは考えものです。筆者はいつも「お買い物マラソン」に参加しているわけではなく、欲しい物があったらその月にいくつかのショップでまとめて買うようにしています。イベントをスルーすることも、ポイ活には必要です。

 自分にとって必要なものを買うのが前提にあり、それに付随しているのがポイントという考えを持つことはとても重要です。そして、たまったポイントを使うこともちゃんと考えていきましょう。ポイントをためることが目的になると、せっかくのポイントがもったいなくて使えなくなってしまうこともあります。ポイントは使うからこそ意味があるのです。

【訂正:7月21日15時20分】初出時、楽天カードポイントに関する記述に誤りがありました。お詫びして訂正します

●著者プロフィール

川崎 さちえ

フリマアプリ・ネットオークションの専門家。2004年、夫が子育てのために会社を辞めたのをきっかけにヤフオク!(当時はヤフー!オークション)を始める。経験を積みながら独自のノウハウを構築。2014年にフリマアプリをスタート。NHK「あさイチ」をはじめとした多数の情報番組に出演し、経験に基づいた実践型のフリマアプリやオークションの魅力を伝えている。また節約や時短が大好きで、安くて便利なアイテムに興味あり。よく利用するのはダイソー。