カシオ計算機が展開しているウォッチブランド「オシアナス(OCEANUS)」。ブルーカラーベースの洗練されたデザインと、カシオならではのコンパクトで使いやすい機能性の高さが特徴です。

 防水性能の高いダイバーズウオッチや高性能なクロノグラフなど、種類も豊富に取り揃えているため、根強いファンが多いブランドです。今回は予算10万円以内で購入できる「オシアナス」5モデルを紹介します。

●「オシアナス」とは?

 「オシアナス」は、カシオ計算機が2004年に販売を開始した電波ソーラーウォッチブランド。「オシアナス」という名称は、ギリシャ神話に登場する海の神「オケアノス」に由来しており、青に強いこだわりを持ちます。

 正確性やコンパクトさにこだわっており、エレガンスさとスポーティーさを兼ね備えたデザイン性の高さも特徴。Bluetooth経由でスマートフォンと連携できる機能を搭載しているモデルも数多く展開しているため、ビジネスマンからの人気も高いウォッチブランドでもあります。

●OCW-T200S-1AJF

 「OCW-T200S-1AJF」は、シンプルで洗練されたデザインの3針モデル。落ち着いた印象のデザインながら、ブルーカラーが際立つブラックダイアルを採用することで美しさを演出します。

 ケースサイズは、49.5(縦幅)×41.4(横幅)×10.7(厚み)mm、重量は133g。外装にステンレススチールのベゼルやバンドを使用することで、ビジネススタイルに合わせやすいように仕上げています。Amazonでの販売価格は4万6000円前後(税込、以下同)です。

●OCW-T150-1AJF

 「OCW-T150-1AJF」は、シンプルなデザインにスポーティーさをプラスした3針モデル。ブラックカラーのダイアルに加えたブルーカラーが鮮やかに輝き、高級感を演出します。

 ケースサイズは、45.8(縦幅)×41.3(横幅)×10(厚み)mm、重量は88g。ガラス径を大きくしたワイドフェイスと薄型ケースを採用しているため、スタイリッシュで飽きの来ないデザインのウォッチとなっています。Amazonでの販売価格は5万2000円前後です。

●OCW-T200SB-1AJF

 「OCW-T200SB-1AJF」は、ブラックIP加工を施したオールブラックの3針モデル。時字と針にアクセントとしてブルー用いることで、青がより際立つデザインとなっています。

 ケースサイズは、49.5(縦幅)×41.4(横幅)×10.7(厚み)mm、重量は133g。ステンレス素材の外装にフラットベゼルを採用しているため、ビジネススタイルにも合わせやすい1本です。Amazonでの販売価格は5万4000円前後です。

●OCW-T2600L-1AJF

 「OCW-T2600L-1AJF」は、牛革ベルトを採用したクラシックデザインのクロノグラフ。ワイドフェイスのダイアルは、2重構造にすることで立体感を演出し、視認性を上げています。

 ケースサイズは、48.2(縦幅)×42.8(横幅)×10.7(厚み)mm、重量は56g。ダイアル周りには、円を描くように鮮やかなブルーカラーを配しています。ステンレスではなく、牛革バンドを採用しているため、心地よい付け心地も楽しめます。Amazonでの販売価格は9万9800円です。

●OCW-T3000A-1AJF

 「OCW-T3000A-1AJF」は、シンプルかつスポーティーで存在感のある上質なフェイスデザインに仕上げたクロノグラフ。都市コード表記を排除したシンプルなブラックダイアルや、大型立体バーインデックスと太い針を採用し、時計としての力強さを演出します。

 ケースサイズは、48.2(縦幅)×43.1(横幅)×11(厚み)mm、重量は87g。ブラックカラーのベゼルは、耐摩耗性に優れたDLC加工を施しているため、ビジネス・カジュアル問わずさまざまなシーンで活躍する1本です。Amazonでの販売価格は8万2500円前後です。