スズキは、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンR スティングレー」を一部仕様変更するとともに、新グレード「「ワゴンR カスタムZ」を設定し、8月30日に発売します。

●安全機能を充実

 一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備。またフロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線逸脱抑制機能を一部グレードを除いて標準装備し、安全機能を充実させています。

 またコネクテッドサービス「スズキコネクト」に対応したほか、全方位モニター付ディスプレイオーディオを一部グレードを除きメーカーオプションとして設定。オートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、運転席シートヒーターを全車標準装備としています。USB電源ソケットも一部グレードを除いて標準装備になりました。

 価格(税込)は、ワゴンRが121万7700円〜150万9200円、ワゴンR スティングレーが168万8500円〜181万1700円です。

●「カスタムZ」は精悍な専用デザイン

 新登場の「ワゴンR カスタムZ」は、専用デザインのヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーを採用し、精悍(せいかん)なフェイスに仕上げています。

 インテリアはブラックを基調に、インパネカラーパネルやフロントドアアームレストに専用のブラウンメタリックの加飾を施すなど、質感を高めています。

 カスタムZの価格(税込)は、147万4000円〜175万6700円です。