テレビ放送だけでなく、インターネットに接続して、さまざまなコンテンツを楽しむことができるスマートテレビ。スマホやタブレットのように、後からアプリを追加して自分好みにカスタマイズできる点も魅力の1つです。

 代表的なスマートテレビが「Android TV」を内蔵したモデルで、各社から販売されています。今回は、画質や音質などの機能性にこだわりつつ、10万円以下で買える「Android TV搭載テレビ」を5つ紹介します。

●「Android TV」とは?

 Android TVは、スマホと同じAndroidをベースとしたテレビ用のOS。もともとは、「Google TV」の名称でしたが、2014年ごろから「Android TV」として本格的に普及されるようになりました。

 Android TVを搭載したテレビは、「Google Play」からアプリを追加することができるため、スマホ用のアプリを利用することもできます。Android TVに最適化されたアプリであれば、リモコンを使ってスムーズに操作することも可能です。

●「Android TV」のメリットは?

 Android TVはアプリの利用だけでなく、Googleの音声認識エージェント「Googleアシスタント(Google Assistant)」による操作もできます。AndroidスマホのGoogleアシスタントと同様に、音声認識でインターネット検索をしたり、アプリを起動したり、「Google Home」に対応するスマートデバイスを操作したりすることができます。

 今までのように、リモコンで操作をする手間も省けるため、より直感的にYouTube動画や映画などを検索しやすくなっています。以下は、Android TVの主なメリットです。

「Android TV」のメリット

・Androidアプリが使用できる

・ネット番組や映画を観ることができる

・テレビ電話ができる(カメラ内蔵タイプの場合)

・iPhoneやAndroidのスマホをミラーリングして、写真や動画を大画面に映し出せる

●主な「Android TV」採用メーカーは?

 日本国内でAndroid TV(Google TV)を搭載するスマートテレビを発売している主なメーカーは以下の通りです。

シャープ「AQUOS」

 シャープのテレビ「AQUOS(アクオス)」では、4K以上の液晶/有機ELパネルを搭載する現行モデルのうち「ネット動画対応」となっているものにAndroid TVを多く採用しています。

ソニー「BRAVIA」

 ソニーのテレビ「BRAVIA(ブラビア)」では、4K(3840×2160ピクセル)以上の液晶/有機ELパネルを搭載する現行モデルでAndroid TVを多く採用しています。

 他にも、パナソニックや東芝といった国内の主要メーカーに加え、ハイセンスやTCLといったコスパに優れた家電を扱うメーカーからも、Android TVを搭載したテレビが販売されています。

 Android TVを搭載したテレビを取り扱っているメーカーは、Android TV公式ホームページで確認できます。

●10万円以下で買える「Android TV」:32インチモデルをピックアップ!

TCL「32S516E」

 TCLの「32S516E」は、繊細な部分まで明暗をくっきり分けることで、 風景の奥行き感をリアルに表現するマイクロディミング技術を搭載した32インチテレビ。HDR10/HLGに対応(1080pのみ)しているため、自然でリアルな映像美を実現しています。

 迫力のあるサウンドが楽しめる「Dolby audio」に加え、接続端子も豊富に備えています。他社製品と比べても、リーズナブルな価格帯のため、1人暮らしの人はもちろん、2台目以降の購入を考えている人にもおすすめです。

オリオン「SAFH321」

 オリオンの「SAFH321」は、動画配信サービスの視聴に特化した32インチのテレビ。高度なフレーム補正技術を備えているため、速い動きも残像感が少ないクリアな映像で楽しむことができます。

 選択している入力機器からの情報に連動して、自動的に「低遅延モード」の設定に切り替わる機能も搭載。Dolby Vision形式のHDRにも対応しているため、高グラフィックのゲームをするのにも向いています。本機は、テレビ放送チューナー(地上波/BS/CS)を搭載していないため、テレビ放送を観る際は、別売りのチューナーなどを用意する必要があります。

●10万円以下で買える「「Android TV」:40インチ以上のモデルをピックアップ!

AQUOS「4T-C50DL1」

 4T-C50DL1」は、シャープが展開するブランド「AQUOS」の50インチテレビ。4K液晶テレビのため、明るく色鮮やかな映像で4K放送やネット動画が楽しめます。

 地上デジタル放送で使用されている色域を超える広色域技術や、消費電力を抑えたまま画面輝度を高める「リッチブライトネス」などを搭載することで臨場感のある映像が楽しめます。また、画面角度を左右約30度、水平方向に調節できる回転式スタンドを採用しているため、視聴位置に合わせた角度に合わせやすい点も特徴です。

レグザ「55M550K」

 「55M550K」は、東芝が展開するブランド「レグザ」の55インチテレビ。視聴環境に合わせた画質に自動調整し、ブルーライトも抑制してくれるため、目にも優しい4K液晶テレビです。

 パワフルで臨場感あふれるサウンドを再現し、音域のつながりを向上させる「クロスオーバーフィルター」に加え、Dolby Atmosにも対応。高音から重低音まで、立体的で迫力のあるサウンドが楽しめるため、映画館のような映像を楽しみたい人にはおすすめです。

TCL「TCL 65P618」

 TCLの「TCL 65P618」は、マイクロディミング機能を搭載し、HDR10とDolby Vision規格にも対応した65インチテレビ。通常のテレビ画面では、表現できなかった明るさや鮮やかな色彩に加え、暗部ディーテルまで表現するため、高精細かつ鮮やかな映像が楽しめます。

 Dolby Atmosを搭載しているため、部屋の隅々まで響き渡る立体音響も楽しめます。65インチの大画面に4Kチューナーを備えながら、価格も10万円を下回っているため、コスパの高いスマートテレビを探している人にはおすすめです。