ボクシングと言えば、軽快なフットワークを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 華麗な動きを実現するためには、もちろん日頃の練習も重要ですが、専用の「ボクシングシューズ」を履くことで動きが変わることもあります。

 ボクシングシューズは、通常の運動靴に比べて軽量で、フィット感にも優れており、フットワークがスムーズにできるようになっています。また、スピーディーなステップイン・バックステップを可能にする、グリップ性の高いアウトソールが採用されているのも特徴の1つです。

 ボクサーとして本格的に練習している人はもちろん、最近ボクササイズを始めたという人も、専用のボクシングシューズを履いて、パフォーマンスをアップさせましょう。

●ボクシングシューズ:”ボクサーらしさ”を演出できるのはロングかミドル

 ボクシングシューズには、主に「ロングタイプ」「ミドルタイプ」「ショートタイプ」の3種類が存在します。中でもロングタイプは、ボクサーらしさを感じさせるような形状になっており、本格的にボクシングをする人におすすめです。

 ロングタイプは、足首からふくらはぎの辺りまで覆っているのが特徴です。足をしっかり固定できるため、足首の保護という面で優れており、捻挫などのリスクを回避しやすくなっています。ただし、背が高い分、着脱に手間と時間が掛かってしまいます。

 初心者の場合は、背が低めの「ショートタイプ」がおすすめです。くるぶし付近までの高さしかないので、普通のスニーカーと同じような感覚で気軽に履くことができます。足首より上は解放されており、足首が比較的自由に動かせるのも特徴の1つと言えます。ただし、丈が短いため、足首を保護することはできないと思っておきましょう。

 ちなみに、ある程度の保護力とある程度の手軽さを備えているのが、残りのミドルタイプになります。ロングタイプとショートタイプのどちらを買うべきか迷ったときは、ミドルタイプを検討してみても良いでしょう。

●ボクシングシューズ:片足250g前後のモデルなら、フットワークが軽くなる

 軽快なフットワークを実現するには、できる限り軽いボクシングシューズを選ぶ必要があります。重さのあるシューズを履いていると、トレーニングの最初は良くても、途中から足が重たく感じてくるものです。

 そのため、片足300g前後の軽めのシューズを選ぶようにしましょう。中には片足250g以下の超軽量モデルもあります。これなら、ボクシングならではの俊敏でリズミカルなフットワークを実現しやすくなるでしょう。

 また、機動性を左右するポイントとして、シューズ裏のアウトソールにも注目してみてください。裏側がギザギザになっていたり、吸盤が付いていたり、ラバーソールを使用していたりと、グリップをきかせるための工夫がされているものを選びましょう。

 練習中は床やリングに汗がたまって滑りやすくなることもあるので、上記のような滑り止め加工が施されているかは、パフォーマンス面においても安全面においても、重要なポイントになります。

●ボクシングシューズ:通気性や速乾性など、快適さに関わる部分をチェック

 サンドバッグを叩いたり、ミットを打ったりする中で、ボクシングの練習中は大量の汗をかくことになります。シューズに汗が落ちてしまうことも多々あります。こうした場面でも速乾性のあるシューズなら、蒸れを抑えて快適さを維持することができます。

 また、シューズの中は湿気や熱がこもりやすく、ずっと履いていると足元が不快になってくることもあります。そこで重要なのが、通気性が確保されているかどうかという点です。アッパー部分等にメッシュ素材を採用している、通気性に優れたモデルを選びましょう。

●ボクシングシューズ:おすすめモデルはコレ!

エバーラスト「ロートップボクシングシューズ」

 エバーラストの「ロートップボクシングシューズ」は、ショートタイプのシューズ。トップ部分の丈が短めなので、ボクシングシューズを履きなれていない初心者でも扱いやすいモデルと言えます。

 アッパー部分にはメッシュ素材を採用しており、通気性を確保しています。全体的に柔軟性が高く、可動性に優れているのも特徴の1つ。底がギザギザしているテクニカルソールが付いていることもあり、グリップのきいたスピーディーな動きがしやすいモデルです。

エバーラスト「ハイトップボクシングシューズ」

 エバーラストの「ハイトップボクシングシューズ」は、ミドルタイプのシューズ。靴ひもだけでなく、足首ストラップで固定することもでき、フィット性に優れているモデルです。

 メッシュ素材を多く使っており、軽量化を実現しながら、高い通気性を確保しています。エバーラストとミシュランが共同開発したソールが特徴的で、靴底の特殊な構造により床を踏みしめたときに高いグリップ力を発揮してくれます。

アディダス「BOX HOG 2」

 アディダスの「BOX HOG 2」は、ミドルタイプのボクシングシューズ。ブラックを基調にしており、サイドにはアディダスの白い3本ラインが入っています。

 アッパー部分にはメッシュ素材を採用し、通気性を確保。ゴム製のアウトソールが付いているので、地面をつかむグリップ力も備えています。

アディダス「BOX HOG 4」

 アディダスの「BOX HOG 4」は、ミドルタイプのボクシングシューズ。ブラックを基調に、サイドに暗めのゴールドラインを3本入れたスタイリッシュなデザインが特徴的です。

 アッパー部分にはメッシュ素材を使っており、足元の蒸れを軽減し、ドライに保ってくれます。靴底にはラバーアウトソールを使用しており、多方向へのスムーズな動きを促してくれます。

アディダス「BOX HOG 2 プラス」

 アディダスの「BOX HOG 2 プラス」は、ミドルタイプのボクシングシューズ。足首の上の方まで覆う、比較的背の高いモデルになります。グラデーションのあるブラックと、明るめの3本のゴールドラインが印象的です。

 通気性が確保されているだけでなく、速乾素材を使用していることもあり、汗が素早く乾き、シューズの快適性を保ってくれます。

 軽量素材を採用しているので、実際に履いてみると軽さを実感できるはず。靴底にはラバーソールを使用し、優れたグリップ力を実現しています。