米Appleは9月8日未明(日本時間)、iPhoneの新型モデル「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「Phone 14 Pro Max」を発表しました。予約は9月9日午後9時から開始し、9月16日以降に順次発売します。

●iPhone 14シリーズの気になる価格は

 最も標準的なモデルのiPhone 14は、iPhone 13と同じ6.1インチディスプレイを搭載。ボディデザインはほぼ共通ですが、ディスプレイ上部のノッチが小さくなっています。

 さて気になる価格ですが、Apple Storeの直販価格では128GBモデルが11万9800円(税込、以下同)から。同容量のiPhone 13は発表直前まで11万7800円でしたから、2000円ほど値上がりしています。なおiPhone 13は新モデル登場により10万7800円に値下げされています(後述)。

 6.7インチのひと回り大きいディスプレイを搭載したiPhone 14 Plusは、128GBモデルが13万4800円から。iPhone 14 Plusの発売は10月7日となっています。

 カメラ機能を充実させた上位モデルのiPhone 14 Proは128GBモデルで14万9800円から。従来機のiPhone 13 Proが14万4800円だったため5000円のアップです。

 6.7インチディスプレイを搭載の上位モデルiPhone 14 Pro Maxは128GBモデルが16万4800円から。こちらも従来機のiPhone 13 Pro Maxは15万9800円でしたので5000円アップしています。

・iPhone 14:11万9800円から

・iPhone 14 Plus:13万4800円から

・iPhone 14 Pro:14万9800円から

・iPhone 14 Pro Max:16万4800円から

 日本におけるiPhoneの販売価格は、円安の影響を受けて7月に値上がりしていました。新モデルは機能や性能のアップもあり単純に比較できませんが、同容量モデルで比べるとさらに価格がアップしています。

●従来機種は最大1万円の値下げ

 一方、iPhone 14シリーズの登場でApple Storeでは従来機種の値下げが行われました。まずiPhone 13は前述のとおり1万円引きの10万7800円になっています。

 5.4インチディスプレイの小型モデル「iPhone 13 mini」は、128GBモデルが9万9800円から7000円引きの9万2800円に値下げされました。

 なお、iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro MaxはApple Storeでの取り扱いが終了しています。

 コストパフォーマンスの高さが人気の「iPhone SE(第3世代)」は6万2800円で価格据え置き。「iPhone 12」は64GBモデルが10万2800円から9万2800円と1万円引きでさらにお買い得になっています。またiPhone 12 miniの販売が終了しています。

・iPhone 13:10万7800円から(1万円引き)

・iPhone 13 mini:9万2800円から(7000円引き)

・iPhone SE:6万2800円から(据え置き)

・iPhone 12:9万2800円から(1万円引き)