ホンダは軽自動車「N-WGN」(エヌワゴン)をマイナーチェンジし、9月23日に発売します。急アクセス抑制機能をホンダ車として初めて搭載するほか、「N-WGN Custom」がよりスポーティーかつ存在感を高めたデザインに。Nシリーズ10周年を記念した「N STYLE+」(エヌスタイルプラス)」の特別仕様車として「STYLE+ BITTER」が登場します。

●N-WGN Customは力強いフロントに

 2019年に発売した現行モデルをマイナーチェンジ。Honda SENSINGの新機能「急アクセル抑制機能」では、ペダルの踏み間違いや踏み過ぎを検知すると急加速を抑制。前後の障害物を検知して急発進を抑制する「誤発進抑制機能」「後方誤発進抑制機能」に加え、障害物がない場合でも加速の抑制が可能で、ペダル踏み間違いによる事故の抑止、被害軽減が期待できるとしています。

 N-WGN Customはより精悍で力強いフェイスを採用。標準モデルには新ボディーカラーを追加しています。

 特別仕様車の「N STYLE+」は、Nシリーズ(N-BOX、N-ONE、N-WGN、N-VAN)誕生10周年を記念した共通ブランド。シリーズ第3弾となる「STYLE+ BITTER」では、エクステリア、インテリアともにシックで落ち着いた大人の世界観を表現しています。

 価格(税込)は129万8000円〜188万2100円です。