香典は、通夜か告別式、参列時に持参 通夜か告別式のどちらかに参列する場合は、その際に持参します。通夜と告別式に両方とも参列する場合は、最初に参列する通夜に持参するのが一般的です。この場合は告別式に香典を持参する必要はなく […]

香典は、通夜か告別式、参列時に持参

通夜か告別式のどちらかに参列する場合は、その際に持参します。通夜と告別式に両方とも参列する場合は、最初に参列する通夜に持参するのが一般的です。この場合は告別式に香典を持参する必要はなく、受付の記帳だけで済ませます。「通夜」は一般的に使われますが、仏式の言い方で、神式では「通夜祭」、キリスト教式では「前夜祭」といいます。もし都合がつかずに、どちらにも参列できない場合は、現金を不祝儀袋に入れて郵送します。その際は香典だけでなく、お悔やみの言葉も簡単に添えて送るようにします。できれば弔電を打っておきましょう。
香典の金額に迷った場合は、周りの人と相談するか、自分の想定した額よりも若干多めに包むようにしましょう。最近では1人で香典を持参する場合、2千円、3千円といった金額は少なくなりました。ただし仲間数人との連名で1万円、2万円とするのは、見られるようです。香典は紫色か紺色の袱紗に包んで持参し、受付で取り出し、相手に自分の名前が読める方向にして渡します。香典、花輪、供物などを一切辞退する葬儀もありますので、念のため確認しましょう。

香典の金額の目安は

香典の金額は、贈る対象が誰であるかで異なりますが、血の繋がりが濃い人が亡くなった場合ほど、金額も多くなるのが一般的です。およその目安は以下の通りです。

■祖父母 ———————–1万円〜3万円
■両親—————————5万円〜
■兄弟姉妹———————3万円〜5万円
■おじ・おば——————1万円〜3万円
■その他親戚——————5千円〜2万円
■勤務先上司・同僚———1万円〜3万円
■取引先の友人—————5千円〜1万円
■勤務先同僚の家族———5千円〜1万円
■友人、その家族————5千円〜1万円
■近所の知り合い————3千円〜5千円

以上は一つの目安で、事情により香典の額が変わったとしても、問題はありません。とくに学生など年齢が若く収入も少ない人は、この目安の金額よりも低くなっても構わないと思います。
金額に関しては、4と9の数字は避けたほうがよいといわれています。例えば、香典の金額が4万円、9万円という金額は、包まないほうがいいでしょう。また偶数の数になるのは避けるという考えもありましたが、最近では2万円という額も通常使われるようになりました。
新札は、亡くなることを予測していたように思われ、避けるという考え方もありますが、清潔を表現する意味で問題はありません。その場合は一度折り目をつけてから包むようにしましょう。また金額に見合った不祝儀袋を用意したいものです。5千円などの比較的金額の少ない香典を、高価な不祝儀袋に包むことは避けましょう。

香典を届ける際のマナー

香典の表書きや氏名は毛筆か筆ペンの薄墨用で書くのが正式な作法です。通常の筆ペンでも問題はありませんが、ボールペンなどで書くのは避けたいものです。葬儀からしばらく経って行われる「お別れの会」「偲ぶ会」については、薄墨で書く必要はありません。
葬儀の形式により香典の表書きも違ってきます。葬儀が仏式の場合は「御霊前」または「御香典」、神式の場合は「御榊料」または「御玉串料」。キリスト教式の場合は「御花料」または「ご霊前」と書かれた不祝儀袋を利用します。蓮の花がデザインの入った不祝儀袋は仏式、百合の花や十字架がデザインされたものはキリスト教式で使いますので、他の葬儀には使えないので注意しましょう。お別れの会などに持参する場合は、葬儀の形式とは関係なく、例えば「志」といった表書きにするのがよいでしょう。
また金額を表示する場合に「一、二、三、千、万」という簡単な表記は使わずに、正式には「壱、弐、参、仟、萬」と書きます。
生花や花輪を贈る場合は、遺族の方の意向や会場の事情によって変わってきます。会場や葬儀社に確認のうえで、手配しましょう。花輪は葬儀社にレンタルする場合が多いと思いますし、生花も葬儀社から手配してもらえます。