地域や年齢で相場は変わってくる!? 例えば北海道では会費制の結婚式が一般的で、親族であってもご祝儀を渡す、という習慣はありません。このようにエリアによって相場の変動はあるものの、一般的には以下のように言われています。 ■ […]

地域や年齢で相場は変わってくる!?

例えば北海道では会費制の結婚式が一般的で、親族であってもご祝儀を渡す、という習慣はありません。このようにエリアによって相場の変動はあるものの、一般的には以下のように言われています。

■兄弟姉妹—–5万〜10万円
■おじおば—–5万〜10万円
■上司———–3万円
■部下———–3万〜5万円
■友人———–3万円

両親からふたりへは「お祝い金」や「結婚資金援助」という形でお金が渡されることが多いので、ご祝儀にはカウントされません。以前、偶数は「割り切れる」ということから縁起が悪いと避けられてきましたが、最近では“2”はカップルの数字でもあり、“8”は末広がりで縁起がよいとし、むしろ好んで包む人もいるようです。
まだ若いふたりの結婚式の場合、友人たちは2万円で十分でしょう。また奇数でも、“9”は「苦しむ」を連想させるので、避けたほうがいいでしょう。

夫婦で招待されたらいくら包めばいいの?

お互いの共通の知り合いの場合、親族でなくとも夫婦で結婚式に招待されることもありますよね。そんな時、「料理は2人前だし引き出物も、もしかしたら2人分もらうのであれば、やっぱりご祝儀も倍払うべきなの?」と、お悩みになる方もいらっしゃるでしょう。そうなんです。やはり2名招待されたら夫婦であっても、きちんと2名分のご祝儀を包むことが必要です。その場合、別々に包んでもかまいませんし、一緒でもいいでしょう。もしも3万円ずつ、計6万円で偶数になることが気になるようなら、包むのは5万円にして、差額の1万円分は、結婚祝いとして品物を送るのがいいでしょう。

子どもも招待されたらどうすればいいの?

「ご家族でいらしてください」と招待された場合、例えば、赤ちゃんと幼稚園児、小学生の3人兄弟だった場合、どの歳の子どもからカウントして、いくら包めばいいか、難しいところですよね。基本的には小学生以下の子どもの場合には、招待客のひとりにカウントしなくていいでしょう。そのかわり、5千円〜1万円程度のギフトをプレゼントするのがいいでしょう。中学生以上、大学生までのまだ扶養している子どもが招待された場合には、ひとりにつき、1万円程度を目安にしてみてくださいね。

いかがでしたでしょうか? 疑問は解決できましたでしょうか?

余談ですが、国際結婚の場合には、外国人の友人や親族は“祝儀”という文化がないので日本文化によほど精通している、日本滞在が長い人以外はご祝儀は一般的に持ってきてはくれません。それが予想される場合には日本人ゲストには引き出物を用意するけれど、外国人ゲストにはプチギフトで済ます。もしくはご祝儀文化を外国人のパートナーからしっかりと外国人のゲストや親族に説明してもらい、当日準備しておいてもらう、など工夫が必要です。
以上、日本独自文化、知っているようで知らないご祝儀の世界でした。