住宅ローンの契約を考える際に、少しでも返済金額の負担が少なくし、お得に利用したいものです。   住宅ローンを利用する際に必要な手数料は金融機関によって異なりますが、楽天銀行の場合どのくらいの手数料がかかるのか気になるところです。利用を検討している方は、事前に確認しておくとよいでしょう。   今回は楽天銀行で住宅ローンを契約するときにかかる手数料について、わかりやすく解説します。

楽天銀行の住宅ローンの特徴

楽天銀行の住宅ローンは、全疾病保障付きの団体信用生命保険が無料で付けられることや、ライフステージを考えて金利タイプを選択できることなどが特徴となっています。
 
楽天銀行の住宅ローンはネット銀行ならではの低金利です。ローン返済中に変動金利から固定金利に何回でも変更が可能ですが、固定金利が適用されている間は、変動金利への変更あるいは固定金利の適用期間を変更することは認められていません。
 
また、楽天銀行の住宅ローンを利用すると、楽天ポイントがたまりやすいというメリットもあります。

 

一般的に住宅ローンの手数料にはどんな手数料があるか

住宅ローンを契約すると、金利以外にもさまざまな諸費用がかかります。申し込む前に、どんな諸費用が必要になるのかをしっかりと確認しておきましょう。
 
諸費用の中でもついうっかりと見落としやすいのが手数料です。一般的に、住宅ローンにはどのような手数料がかかるのかを詳しくみていきましょう。

 

融資事務手数料

住宅ローンの契約時に、住宅ローンを借りる金融機関に対して申し込み手続きの手数料として支払うものが融資事務手数料です。融資手数料とも言われます。
 
融資事務手数料は「定率型」と「定額型」の2種類があり、金額は金融機関によって異なります。一般的に、ネット銀行の多くでは定率型を採用しています。それ以外の金融機関では定額型の場合が多いです。
 
融資事務手数料は、融資が実行されるとき(住居が完成し、最初の融資が申込口座に入金されたとき)に支払うことになります。

 

繰上返済手数料

借り入れをするときにかかる諸費用ではありませんが、繰上返済をする場合に金融機関に対して支払う手数料が「繰上返済手数料」です。楽天銀行の場合、繰上返済手数料が0円なのが特徴です。
 
一般の金融機関の場合、借入時に諸費用を抑えたとしても、繰上返済を何度か繰り返していると、そのたびに手数料もかかってしまいます。将来的に繰上返済をする可能性がある場合には、繰上返済手数料も確認しておくとよいでしょう。

 

楽天銀行の住宅ローン契約時にかかる融資事務手数料について

楽天銀行の融資事務手数料も、定率型と定額型があります。どのくらい手数料がかかるのかを確認しておくことで、手数料を抑えられる場合があります。
 
楽天銀行の融資事務手数料は低水準であると言われています。それでは、楽天銀行で住宅ローンを契約する場合には、どのくらい融資事務手数料がかかるのかをみてみましょう。

 

定率型

定率型の算出方法は「借入額×○%」です。借入額に応じて、融資事務手数料が決まるタイプです。借入金額が多くなればなるほど、融資事務手数料も増えてくるのが特徴です。
 
楽天銀行のフラット35は「借入額×1.10%(税込)」で算出されます。他の金融機関を比較した場合にも楽天銀行の融資事務手数料率が低いのが特徴です。
 
例えば、借入額が3000万円の場合、融資事務手数料が33万円(税込)となります。

 

定額型

定額型は、借入額に関わらず「一律〇万円」というように、一定の金額を支払うタイプです。楽天銀行の場合は、定額型の融資事務手数料は一律33万円(税込)とされています。
 
定額型では常に支払う融資事務手数料が一定なので、借入残高が大きいときに有利です。
 
ただし楽天銀行の場合、融資事務手数料が定額型なのは金利選択型の住宅ローンに限定されるため、注意が必要です。

 

つなぎ融資の場合の融資事務手数料

つなぎ融資とは、建物の完成や引き渡しのまでの間に必要とされる資金を一時的に借り入れすることです。
 
例えば、注文住宅のように、工事の完成前に土地取得代金、上棟金や着工金などの支払いが生じる場合が出てきます。この場合に利用するのが、つなぎ融資(つなぎローン)です。
 
楽天銀行の場合、つなぎ融資の際にかかる初回融資事務手数料は、一律11万円(税込)です。2回目以降には、手数料はかかりません。しかし、建築の工期が遅延するなどの理由で、当初の返済期日よりも延長する場合には、改めて融資事務手数料が必要となります。
 
また、楽天銀行のつなぎ融資は分割融資できることが特徴。土地先行取得資金、着工金、中間金と、最大3回まで可能です。

 

楽天銀行の住宅ローンへ借り換えるときの融資事務手数料

一般的に、住宅ローンを借り換えるときにも、融資を受ける金融機関に対して、融資事務手数料を払う必要があります。楽天銀行の場合も、同様です。
 
楽天銀行に借り換えをする場合の融資事務手数料は、金利選択型の場合は一律33万円(税込)、フラット35の場合は「借入額×0.990%(税込)」で算出します。
 
ただし、楽天銀行以外を住宅ローンの返済口座に指定した場合には、融資事務手数料は「借入額×1.430%(税込)」で算出されます。そして、最低融資事務手数料は16万5000円(税込)とされています。

 

楽天銀行住宅ローンの手数料は最低水準でオトク

今回は楽天銀行で住宅ローンを借り入れする場合にどのくらいの手数料がかかるのかについて解説しました。楽天銀行の融資事務手数料は金融業界の中でも最低水準であると言われています。
 
住居が完成したのちに、新居での暮らしが始まっても、住宅ローンの返済に追われて、生活が圧迫されるようでは意味がありません。楽天銀行で住宅ローンの契約を考えている場合、計画的かつお得に利用するために、あらかじめ手数料についてもきちんと確認しておくとよいでしょう。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員