住宅ローンの返済期間を減らすために、繰り上げ返済する方も多いでしょう。しかし、繰り上げ返済の種類やメリット・デメリットを理解しておかないと、損してしまうかもしれません。   今回この記事では、りそな銀行住宅ローンの繰り上げ返済の種類や、メリット・デメリットなどを詳しく解説します。

りそな銀行住宅ローンの繰り上げ返済は2種類!

りそな銀行住宅ローンで取り扱っている繰り上げ返済は、一部繰上返済と全額繰上返済の2種類です。残高の全部を返済できるのは全額繰上返済、毎月の返済とは別にまとまった金額を返済するのであれば一部繰上返済になります。
 
ただし、繰り上げ返済はあくまでも、資金に余裕があるときに行ってください。ギリギリの資金で繰り上げ返済しても、生活に余裕がなくなれば危険です。住宅ローンは返済できても、お金が足りなくてほかのところでお金を借りては意味がありません。
 
まずは計画的に返済を心がけることが大切です。

 

一部繰上返済

一部繰上返済は、毎月の住宅ローン返済額とは別に、資金に余裕があるときにまとまって返済する方法です。りそな銀行住宅ローンの一部繰上返済は、「期間短縮型」と「期日据置型」の2種類がありますので、それぞれの方法や特徴をしっかりとチェックしておきましょう。
 
まずは、「期間短縮型」と「期日据置型」のそれぞれの特徴と、一部繰上返済するときの手続きの流れについて紹介します。

 

期間短縮型

期間短縮型は、毎月の返済額は据え置いたまま、返済期間を短縮する一部繰上返済方法です。繰り上げ返済する金額に応じて返済期間が短くなるため、少しでも早くローンを完済したい方におすすめです。繰り上げ返済した金額と時期によって、短縮される期間は変わります。
 
ただし、毎月の返済金額は変わらないため、生活が厳しくなるようであれば無理に一部繰り上げ返済するのは避けましょう。一部繰上返済することで、どれくらいローン期間が短くなるのか気になる方は、返済前に確認するとよいでしょう。

 

期日据置型

期日据置型は、返済期間を据え置いたまま、毎月の返済額を減らす一部繰上返済方法です。返済期間は変わりませんが、毎月の返済額を減らせるので、少しでも毎月の負担を減らしたい方におすすめです。
 
ただし、変動金利型を利用している方は、一部繰上返済時に返済額の見直しが行われます。そのときの金利の状況によっては、予定していた返済期間の短縮や返済額にならない可能性があるので注意しましょう。

 

手続きの流れ

りそな銀行の一部繰上返済の手続き方法は、マイゲート・店頭・パソコンテレビ電話の3種類から選べます。
 
マイゲートを利用する場合、別途マイゲートの申し込みが必要です。申込可能金額は1万円以上・1万円単位となり、仮申し込み時点で4パターンまでのシミュレーションが可能です。仮申し込みの結果が出たあとは、受付期間内に正式申し込みをしてください。マイゲートで手続きを行う場合、手数料はかかりません。
 
次に、店頭とパソコンテレビ電話を使った手続き方法を紹介します。
 
ご返済用預金口座の届出印とキャッシュカードや通帳、返済予定表など口座番号がわかるものを準備して、必ず借り入れご本人が手続きをしましょう。そして、所定の手数料のほか、一部繰上返済変更契約書のための収入印紙代が200円かかります。
 
パソコンテレビ電話では、一部取り扱いできない商品や、借り入れ状況によっては取り扱いできない可能性があります。事前によく確認してから、手続きしてください。

 

全額繰上返済

全額繰上返済とは、住宅ローン残高すべてを返済することを言います。繰り上げ返済により、元金にかかる利息を減らせるため、返済前に金額を確認しておくと手続きもスムーズなのでおすすめです。
 
次に、りそな銀行住宅ローンで全額繰上返済するときの手続きの流れについて、詳しく見ていきましょう。なお、一部繰上返済とは違い、マイゲートによる手続きがないため、店頭かパソコンテレビ電話での手続きとなります。

 

手続きの流れ

全額繰上返済の手続きは、必ず借り入れている本人が店頭窓口で手続きしなくてはいけません。窓口での手続き時に必要なものは、返済用預金口座の届出印とキャッシュカードや通帳、返済予定表など口座番号がわかるものです。また、全額繰上返済依頼書を事前に準備しておきましょう。
 
また、住宅ローン借り入れ当初に保証料を一括して支払いしていた場合、保証会社所定の計算方法に基づき保証料が戻ります。
 
保証会社が受け取る手数料と、所定の振込手数料が差し引かれた残りの金額が戻りますので、場合によっては差額がない可能性があることを理解しておきましょう。
 
また、ローン完済後は、担保の物件に設定されている抵当権を抹消する手続きをします。抹消登記にかかる諸費用がかかるため、その金額がどのくらいになるのかを事前に確認しておくと安心です。

 

住宅ローンを繰り上げ返済するメリット

手持ちの資金に余裕があれば、住宅ローンの繰り上げ返済をしたほうがメリットがあります。住宅ローンは一般的に、何十年もかけて返済していくことが多いため、将来のことを考えるとできる限り早く完済したいものです。
 
住宅ローンを繰り上げ返済すると、毎月の返済額を減らせる、予定より早く完済できるなどのメリットがあります。次に、繰り上げ返済することで得られる2つのメリットについて、詳しく解説します。

 

毎月の返済額を減らせる

住宅ローンを「期日据置型」で一部繰上返済すれば、毎月の返済額を減らすことが可能です。住宅ローンを組んだときには、毎月の支払いがそこまで負担ではなかった方も、子どもができたり給与が減ったりすれば負担を感じるかもしれません。
 
将来のことを考えて、資金に余裕ができたら繰り上げ返済を活用しましょう。
 
ただし、実際に毎月の返済額がどれくらい減るのかは、そのときの金利状況や住宅ローン残高によって大きく変わります。不安であれば、一度シミュレーションしてから手続きをすると安心です。

 

当初の予定より早く完済できる

住宅ローンを「期間短縮型」で一部繰上返済、もしくは全額繰上返済すれば、当初の予定よりも早く完済できます。
 
住宅ローンを組んだ年齢によっては、定年以降もローンの支払いが残る可能性があります。給与収入がなくなったあともローンを支払い続けるのは、毎月の家計の収支が不安でしょう。場合によっては、代わりに子どもたちが住宅ローンを支払うことになるかもしれません。
 
そうならないためにも、少しでも早く住宅ローンを返済したいという方は、繰り上げ返済して住宅ローン期間を短くしましょう。

 

住宅ローンを繰り上げ返済するデメリット

住宅ローンの繰り上げ返済は、毎月の返済額を減らせる・住宅ローン期間を短くできるのが大きなメリットです。しかし、必ずしもメリットばかりではなく、気を付けなくてはいけないこともあります。
 
次に、住宅ローンの繰り上げ返済は、繰上返済手数料がかかるというデメリットついて、詳しく解説します。繰上返済手数料とは何か、しっかりと理解しておきましょう。

 

繰上返済手数料が必要になることも

りそな銀行住宅ローンでは、一部繰上返済と全額繰上返済に対して所定の手数料がかかります。
 

・変動金利型および全期間固定金利型:5500円(全額繰上返済の場合は1万1000円)
・固定金利選択型(特約期間中):3万3000円
・繰上返済に伴う保証料返戻手続きの保証会社手数料:1万1000円

 
ただし、一部繰上返済をマイゲート(インターネット)で行う場合、りそな銀行では上記で挙げたすべての手数料が無料です。
 
一部繰上返済を検討している方は、マイゲートに加入して返済したほうがお得です。

 

りそな銀行の繰り上げ返済は返済方法・種類をしっかりと理解して決めよう

住宅ローンの繰り上げ返済は、一部繰上返済と全額繰上返済の2種類があります。また、一部繰上返済には、毎月の住宅ローン返済額を減らす「期日据置型」、住宅ローン返済期間を減らす「期間短縮型」の2種類から返済方法を選べます。
 
それぞれの特徴をしっかりと理解して、ご自身の生活スタイルに合った方法でうまく住宅ローンを返済しましょう。
 
また、りそな銀行の場合、一部繰上返済はマイゲートからであれば、繰上返済手数料が無料です。事前に登録が必要になりますが、店頭やパソコンテレビ電話から手続きをすると、数万円の手数料がかかるため大変お得です。
 
りそな銀行住宅ローンを利用する際には、しっかりと繰り上げ返済についても知識を深めておきましょう。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員