「借りたお金を少しでも早く返済したい」「今月余裕ができたから追加で返済をしたい」、そのような人におすすめなのが、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の繰り上げ返済です。繰り上げ返済をすれば、返済期間を短くして負担を軽くできます。

PayPay銀行で繰り上げ返済は可能!

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)では、毎月の返済とは別にまとまった金額で返済を行う「繰り上げ返済」が利用できます。
 
しかし、PayPay銀行で提供されているローンの中には繰り上げ返済が使えないもの、一部の繰り上げ返済の方式が利用できないものもあります。

 

繰り上げ返済のメリット

繰り上げ返済のメリットは、以下のとおりです。
 

・返済期間が短縮される
・期間短縮により支払う金利が減る
・早く借金の負担から解消される

 
繰り上げ返済には申し込みなどの手間がかかりますが、返済期間が短くなればなるほど総合的に見た金利の支払額は減少します。
 
「今お金に余裕がある」という人は少しでも追加で返済をして、ローンを利用することで発生する金利の支払いを減らしましょう。

 

PayPay銀行でできる繰り上げ返済の方式

PayPay銀行で利用できる繰り上げ返済には、以下2つの方式があります。
 

・一部返済
・全額返済

 
どちらも繰り上げ返済に分類される返済方式ですが、それぞれメリットや完済までの期間が大きく異なっています。
 
そのため、自分に合った方法を慎重に選ぶことが大切でしょう。ここからはそれぞれの方式について詳しく特徴を解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

一部返済

PayPay銀行における一部返済とは、借入額の一部を追加で返済する方式です。あらかじめ決められている毎月の返済額に加え、追加で返済を行うことで返済期間を短縮したり(期間短縮型)、毎月の返済額を減らしたり(返済額軽減型)することができます。

 

全額返済

全額返済とは、現在残っている借入額を一気に全て返済する方式です。借入残高に加え、残りの利息も全て支払うことでローンを完済できます。
 
全額返済を行う場合の返済額については、PayPay銀行公式サイトにログインしてアクセスできる「全額返済シミュレーション」で確認することが可能です。

 

PayPay銀行で繰り上げ返済をするときの注意点

PayPay銀行で繰り上げ返済をする際には、意識しておくべき注意点があります。繰り上げ返済の申し込みをする前に知っておきたい点は、以下のとおりです。
 

・繰り上げ返済できないサービスもある
・返済を延滞している場合は利用できない
・繰り上げ返済をした月の返済は必要となる

 
自分の希望する方法、ペースで返済を進めていくため、ぜひチェックしておいてください。

 

繰り上げ返済できないサービスもある

PayPay銀行には多様な借り入れサービスがありますが、一部の繰り上げ返済の方法が使えないローンもあります。例えば、フリーローン・目的型ローンは一部返済ができず、繰り上げ返済をするなら全額返済となります。
 
まずは自分の契約したローンを見直し、どんな方法で繰り上げ返済ができるか調べましょう。

 

返済を延滞している場合は利用できない

繰り上げ返済は幅広いローンで可能ですが、毎月の返済が遅れている場合は繰り上げて返済できません。
 
繰り上げ返済は、しっかり毎月返済をしている人を対象にしたものです。もし返済の延滞がある場合、延滞分の返済が優先になるので繰り上げ返済は断られてしまいます。

 

繰り上げ返済をした月の返済は必要となる

PayPay銀行では繰り上げ返済をした月も、通常どおりの返済が必要です。例えば毎月の返済額が1万円の場合、一部繰り上げ返済で10万円を振り込んでも通常どおり1万円の返済が求められるため、その月は計11万円を返済に充てることになります。
 
繰り上げ返済の金額は、毎月の返済額を考慮した上で決めましょう。

 

繰り上げ返済をする方法

住宅ローンの繰り上げ返済をしたい場合に使える方法は、以下のとおりです。
 

・WEBから手続きをする
・電話で手続きをする

 

WEBから手続きをする

住宅ローンの繰り上げ返済は、PayPay銀行の公式ホームページから手続きが可能です。WEBから手続きを行う手順は、以下のとおりです。
 

  • 公式ホームページにアクセス
  • ログイン後、「ローン」を選択
  • 「住宅ローン」から「一部繰り上げ返済」を選択する

 
WEBからでは、一部繰り上げ返済しか手続きができません。全額返済をしたい場合は次で解説する電話での手続きを確認してください。

 

電話で手続きをする

住宅ローンの一部繰り上げ返済、全額返済は電話での手続きが可能です。繰り上げ返済に関する問い合わせをする場合は、PayPay銀行の住宅ローンセンターに電話をしましょう。
 
電話が通じる時間は、平日9時〜17時となっており、年末年始(12月31日〜1月3日)は休みとなっています。

 

余裕があればPayPay銀行で繰り上げ返済をしよう

PayPay銀行への返済を少しでも早く終わらせたい人は、余裕のある月は繰り上げ返済をするのがおすすめです。
 
繰り上げ返済をする分、返済期間は短くなり心理的にも経済的にも負担が減るのでできれば毎月お金を追加で貯めて返済をしていくと良いでしょう。
 
繰り上げ返済の方法は、利用しているローンによって異なります。どの方法なら気軽に手続きできるのか考え、今の生活に合った方法を選んでください。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員