「クレジットカードの有効期限が近い」「有効期限を早めに更新したい」という方でも、更新をどうやって進めれば良いか分からない人は多いと思います。そこでこの記事では、クレジットカード更新の方法や更新が必要な理由を解説します。

クレジットカードの更新とは

 
普段クレジットカードを使っていても、更新を意識する人は少ないでしょう。しかし、クレジットカードを使い続けるには、更新手続きが必要になります。
 
クレジットカードの更新とは、使えなくなる古いカードに変わって新しいカードを入手することです。ここからは、更新に大きく関わるクレジットカードの有効期限と更新時期、審査について解説するので、分からない人はぜひ参考にしてください。
 

クレジットカードの有効期限とは

 
クレジットカードには有効期限が設定されており、有効期限を過ぎたクレジットカードは使えません。
 
有効期限は、本人のクレジットカードだけでなく、ひもづいて発行される家族カード、ETCカードでも同様に設定されます。
 

クレジットカードの更新時期

 
有効期限は発行したカードにもよりますが、3年または5年後に設定されるのが一般的です。初めて発行するクレジットカードでは有効期限が1年のケースもあります。
 
クレジットカードの有効期限は、自分のカードに記載されています。手持ちのカードをチェックし、04/21のような表記があればそれが有効期限です。
 
21は2021年という意味、04は4月という意味で、2021年4月で有効期限が切れることを示しています。
 

クレジットカードの更新ができない場合

 
クレジットカードの更新には再審査が必要です。そのため、審査に通過しなければ更新ができないこともあります。
 
再審査に落ちる理由は、以下のとおりです。
 

●クレジットカードの利用状況が悪い
●他社でお金を借りすぎている
●他社のローン・カードの利用状況が悪い
●収入が大きく下がった

 
再審査が不安な人は、早めに仕事やお金の状況を良くしておきましょう。
 

クレジットカードの更新が必要な理由

 
クレジットカードには更新制度があり、有効期限が近づくと更新が必要です。しかし、「なぜ更新が必須なのか分からない」「そもそも有効期限がなぜ存在するのか分からない」という人は多いでしょう。
 
クレジットカードの更新が必要な理由は、以下のとおりです。
 

●カードの老朽化を防ぐため
●改めて審査を行うため
●セキュリティー強化のため

 
クレジットカードの更新について理解を深めましょう。
 

カードの老朽化を防ぐため

 
カードは使用により劣化し、丁寧に使っていた場合でも傷や汚れがつくこともあります。カードが汚れてしまうと、機械でうまく読み取れなくなり、使用できないことも少なくありません。
 
そのため、カード会社は有効期限を設け、定期的な交換で不具合を防いでいるのです。
 

改めて審査を行うため

 
更新のタイミングで再度審査を行うカード会社は多くあります。定期的に審査を行うことで、他社からの借りすぎ、利用状況の悪化など契約時にはなかった問題が発生していないか確認できます。
 
更新時の審査では、クレジットの利用状況が良くないと更新ができないことも少なくありません。普段から利用状況が良好か意識しながら使用しましょう。
 

セキュリティー強化のため

 
更新時に最新の技術が詰まったカードに交換することで、不正利用を防ぎやすくなります。キャッシュレス決済が一般的になっている現代、不正利用は大きな問題です。
 
カード会社側も不正利用を避け、きちんと審査を受けた会員にカードを利用してほしいことから、定期的にカードのセキュリティーを見直し、強化しているのです。
 
また、有効期限やセキュリティーコードを変えることで、すでにカード情報が流出した場合でも不正利用の拡大を防げます。安心してカードを使うため、こまめな更新と交換は必須と言えるでしょう。
 

クレジットカードの更新をする方法

 
クレジットカードの有効期限が近づき、更新する際に特別な手続きは必要ありません。カード会社は、期限が近づいたカードがあれば自動で更新手続きを行ってくれます。
 
そのため、自宅や職場に有効期限が更新された新しいカードが届くのを待っていれば問題ありません。
 
ただし、有効期限間近なのに新しいカードが来ない場合は、カード会社でトラブルがあった可能性があります。新しいカードが届く時期を大きく過ぎても届かない場合は、電話などでカード会社に確認しましょう。
 

クレジットカードの更新に関するQ&A

 
クレジットカードの更新、有効期限に関しては疑問も多く出てくるはずです。そこでここからは、よくあるQ&Aを以下のとおり紹介、解説します。
 

●更新をしたくないときはどうすれば良い?
●クレジットカードは早めに更新できる?
●新しいカードが受け取れないときはどうする?
●更新時に他の種類のカードに切り替えできる?
●新しいカードが届いたら何をすれば良い?

 
疑問をなるべく早く解決して、クレジットカード更新への不安を取り除きましょう。
 

更新をしたくないときはどうすれば良い?

 
クレジットカードの更新が不要な場合、カードの退会をします。退会手続きは各カード会社で異なり、更新前の退会には期日が決まっていることも少なくありません。
 
年会費があるカードは、退会の時期がとても重要です。退会時期を誤ると、ほとんど使わなかったカードの年会費だけ支払うことになりかねません。
 
年会費の支払時期、更新時期を意識して慎重に退会する日を決めましょう。
 

クレジットカードは早めに更新できる?

 
クレジットカードの更新時期にどうしてもカードを受け取れない場合は、半年ほどであれば早めの更新も可能です。
 
更新時期を変更したい場合は、カード会社に連絡をしましょう。長期出張などで半年以上カードを受け取れない場合も、まずは相談をしてください。
 
カード会社と話し合い、スムーズに更新ができる方法を選びましょう。
 

新しいカードが受け取れないときはどうする?

 
ちょうど自宅にいなかった、旅行に行っていたなどの事情でカードが受け取れなかった場合は、再配達してもらいましょう。
 
一度受け取れなかったからといって、そのままカード会社に新しいカードが返送されることはありません。しかし、配送業者の保管期間が過ぎた場合、新しいカードがカード会社に返送される可能性があります。
 
また、その他の事情でも受け取りができなかった場合、カード会社に連絡をしましょう。
 

更新時に他の種類のカードに切り替えできる?

 
更新時に違うタイプのカードや、ゴールドカードなどランクが上のカードに切り替えできるカード会社も存在します。気になるカードがあれば、切り替えの対象になっているか聞いてみましょう。
 
ただし、更新時にランクの高いカードに切り替える場合、より慎重な審査が行われる可能性があります。収入、利用状況に問題がないか自分でも確認したうえで申し込みをしましょう。
 

新しいカードが届いたら何をすれば良い?

 
自宅や職場に新しいカードが届いたら、まずは届いたカードが正しいか確認しましょう。更新により、新しいカードと古いカードでは有効期限、セキュリティーコードが変わっています。
 
カード番号は変わらないので、しっかりと自分のカードが更新されているか、古いカードと見比べて確認しましょう。
 
問題がなければ、カード裏面に署名をします。署名は消えない油性ペンで、漢字フルネームを書くのがおすすめです。もし署名を間違ってしまったときは再発行依頼をしてまた新しいカードに書き直しをしましょう。
 

クレジットカードの更新は普段から意識しよう

 
有効期限の切れたカードは使えないため、有効期限が近づいたら更新手続きが必要です。しかし、利用者側でする手続きは、新しいカードの受け取りのみです。
 
期日が近づいたらスムーズにカードの受け取りができるよう、郵送物は常に意識しましょう。
 
もしカードを受け取れない場合は、早めに更新カードを送ってもらうことも可能です。正しく更新が行われるよう、有効期限と更新時期は普段から意識しておきましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部