国民年金の受給額について「満額だといくらもらえるのか知りたい」「年金受給額が満額になる要件を教えてほしい」など疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。   年金受給額が満額になる要件や金額を知っておくことは大切です。満額に近づける方法も把握していれば、老後資金の計画も立てやすくなります。ここでは、国民年金の受給額や満額受給の要件、満額に近づける方法について解説します。

国民年金とは

日本に住む20歳以上60歳未満のすべての方が加入する公的年金制度が、国民年金(老齢基礎年金)です。国民年金の被保険者となり、10年以上保険料を納付すると、老後に老齢基礎年金を受け取れます。
 
納めた保険料は、社会保険料として全額が所得から控除されます。万が一の障害や遺族に対する保障があるため安心です。国民年金の保険料は1ヶ月あたり1万6610円(2021年度)です。
 
前納など保険料の納付方法によっては割引を受けられます(国民年金前納割引制度(口座振替 早割):年間600円割引など)。
 

国民年金の受給額(満額)

国民年金の受給額は、満額の場合で月額6万5075円、年間で78万900円です(2021年度)。満額受給するときの金額となるため、保険料未納期間などがある場合は、受給額は少なくなります。
 

国民年金を満額もらうための要件

国民年金を満額受給するための要件は「20歳〜60歳までの40年間の全期間年金保険料を納めること」です。保険料未納期間や免除・猶予期間がある場合は、国民年金を満額受給できなくなるため注意が必要です。
 
保険料免除・猶予の場合は、図表1のとおり、保険料を全額納付したときと比べて図表1のとおり年金額が少なくなります。
 
図表1

免除期間 将来の年金額
(全額納付の年金額と比べて)
全額免除 1/2
3/4免除 5/8
半額免除 6/8
1/4免除 7/8
納付猶予 0

 
     

年金保険料納付状況の確認方法

年金保険料の納付状況は、ねんきん定期便で確認できます。ねんきん定期便とは、日本年金機構から毎年誕生月に届くはがきのことで、次のような情報が記載されています。


・照会番号
・これまでの加入実績に応じた年金額(昨年)
・これまでの加入実績に応じた年金額(今年)
・これまでの保険料納付額(累計額)
・これまでの年金加入期間
・標準報酬月額・標準賞与額・保険料納付額

ねんきん定期便を確認することで、年金保険料納付状況や将来の年金見込額を把握できます。
 

国民年金を満額に近づける方法

国民年金の保険料未納期間がある場合は、「追納」「任意加入」「付加年金」の制度を利用することにより年金受給額が増えて、満額に近づけることができます。保険料納付済期間や年金保険料の払込金額が増えるためです。
 
ここでは、国民年金を満額に近づける方法について見ていきましょう。
 

保険料の追納

保険料の免除・納付猶予などの期間がある場合は、年金保険料を全額納付したときと比べて年金受給額が少なくなります。
 
年金保険料の追納(後から納付)をすると、年金受給額を増やすことが可能です。過去10年間の免除・納付猶予、学生納付特例の承認期間が追納の対象です。
 

60〜65歳まで任意加入

60歳までに保険料未納期間がある場合は、60歳〜65歳までの間に国民年金に任意加入をすることで年金受給額を増やせます。ただし、年金の繰り上げ受給をしている方や厚生年金、共済組合などに加入している方は任意加入ができないので注意してください。
 

付加年金を払う

毎月の定額保険料に上乗せして付加保険料を納めると、年金受給額を増やせます。付加保険料は月額400円で、付加年金の年金額は「200円×付加保険料納付月数」で計算できます。
 
ただし、国民年金基金に加入している場合は、付加保険料を納付できないので注意してください。
 

「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」で納付状況を確認しましょう

20〜60歳までの年金保険料を全額納付していれば、国民年金を満額受け取ることが可能です。保険料免除・納付猶予期間がある場合は、保険料の追納や付加年金、60歳以降の任意加入などを利用して、受給額を満額に近づけましょう。
 
早速、ねんきん定期便やねんきんネットで自身の保険料納付状況を確認してみてください。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員