「葬儀保険」という保険があるのをご存じでしょうか。自分自身が死亡した場合に、残された家族の負担を軽減できる保険として人気です。保険料が安いので、無理なく加入できます。   葬儀保険について「どのような特徴があるのか知りたい」「高齢でも加入できるのか教えてほしい」など思っている方もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、葬儀保険の特徴や注意点について解説します。

葬儀保険とは

 
葬儀保険は少額短期保険の一種で、葬儀費用に備えることを目的とした保険です。葬儀には、通夜・告別式費用や飲食接待費用、お布施などがかかり、葬儀内容によっては100万円以上の費用がかかります。
 
葬儀保険に加入していると、自分自身が死亡したときの葬儀費用を賄うことができ、残された家族の負担を軽減できます。保険金の支払いが早く、保険会社によっては保険金を葬儀会社に直接支払うことが可能です。葬儀保険はリーズナブルな保険料で保障を受けられるので、多くの方が利用しています。
 

葬儀保険の特徴

 
一般的な保険商品と比べて保険料が安い、高齢でも加入しやすいなど、葬儀保険の特徴を知ることで、葬儀保険に加入すべきか判断がしやすくなります。また、生命保険など他の保険商品と具体的に比べることも可能です。葬儀保険を慎重に検討するためにも、まずは特徴について見ていきましょう。
 

一般的な保険商品より保険料が安い

 
葬儀保険は少額短期保険の一種のため、一般的な保険商品より毎月の保険料が安いのが特徴です。
 
プランにもよりますが、月々1000円以下の保険料で済むこともあります。年齢が上がるにつれて保険料は高くなりますが、それでも月1000〜2000円前後で済むことが多いため、負担を抑えられます。
 

保険加入前の医師の診断が必要ない

 
一般的な生命保険の場合、加入時に医師の診断書が必要です。しかし、葬儀保険の場合は、医師の診断書が不要で自己申告で加入できることが多いです。そのため、過去に病歴のある方でも加入できますが、保険会社や商品によっては加入できないケースもありますので、ご注意ください。
 

高齢でも加入しやすい

 
高齢でも加入しやすいのが、葬儀保険の特徴です。生命保険は高齢になると加入できないケースが多いですが、葬儀保険は80歳以上でも加入できる商品が多くあります。また、100歳近くまで更新できる葬儀保険もあり、年齢を気にせず加入できます。
 

残された家族の負担を軽減できる

 
葬儀保険に加入することで、自分自身が死亡した際の葬儀費用を保険金でカバーできます。葬儀内容によっては、葬儀費用が高額になる場合もありますので、葬儀保険に加入していれば、残された家族の経済的負担を軽減可能です。        
 

葬儀保険の注意点

 
掛け捨て型や保険適用までの期間、元本割れなどのリスクなど、葬儀保険の注意点も把握しておくことは大切です。葬儀保険の特徴に加え、注意点も知ることで、計画的に葬儀保険を利用できるようになります。また注意点を把握することで、葬儀保険に加入すべきか慎重に判断できるようになるでしょう。
 
ここでは、葬儀保険の注意点について見ていきましょう。
 

保険料は基本的に掛け捨て

 
基本的に、葬儀保険は掛け捨て型となるため、解約返戻金などはありません。掛け捨て型であるので、保険料を安く抑えられています。また、加入期間が長い場合は、元本割れする可能性があるため注意してください。
 

保険適用までに一定期間が必要

 
他の保険商品同様、葬儀保険は加入後すぐに保険金が支払われるわけではありません。保険が適用されるまでに一定期間が必要となります。保険会社によっては、3ヶ月以上の期間が必要となる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。
 

葬儀保険は残された家族の負担を軽減でき高齢でも加入しやすい

 
葬儀保険は80歳以上でも加入できる商品が多く、100歳近くまで更新できます。プランによっては1000円以下の保険料となるため、無理なく加入できます。また、医師の診断書が不要な葬儀保険も多く、加入しやすくなっています。
 
葬儀保険に加入していれば、残された家族の負担を軽減することが可能です。葬儀保険に興味がある方は、早速、自分に合った商品を探してみましょう。
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部