高齢になるほど、病気やけがのリスクは高くなるため、若いうちから保険に加入して備える方は多いでしょう。医療保険に加入していれば、病気やけがをした場合の医療費負担を軽減でき安心です。   しかし一方で、まだ医療保険に加入していない60歳以上の方は、「60歳過ぎて入れる保険料が安い医療保険はある?」「医療保険に入る必要はある?」など、疑問をもっている方も多いのではないでしょうか。   そこで本記事では、60歳過ぎて医療保険に加入するメリットやデメリットなどについて解説します。

60歳過ぎても医療保険への加入は可能

60歳を過ぎても医療保険への加入は可能です。医療保険に加入していると、病気やけがをした際に入院給付金や手術給付金を受け取れるため、医療費負担を軽減できます。
 
ただし、高齢になるにつれて、病気やけがのリスクは高くなるため、若い頃に加入するよりも保険料は高い傾向にあります。医療保険によって加入できる年齢条件に違いがあるため、事前に条件を確認しましょう。
 

60歳過ぎて医療保険へ加入するメリット

60歳過ぎで医療保険へ加入するメリットを知ることで、医療保険の魅力が分かり、自分が加入すべきなのか判断がしやすくなります。なんとなくの理由で医療保険に加入するのではなく、きちんとメリットを理解したうえで決めることが大切です。
 
この項目では、60歳を過ぎて医療保険へ加入するメリットについて見ていきましょう。
 

医療費負担を軽減できる

60歳過ぎの方が医療保険に加入するメリットは、病気やけがをしたときの医療費負担を軽減できることです。医療保険は、日帰り入院や長期の入院、手術からがん治療や先進医療など「通院」「入院」「手術」を総合的にカバーできるさまざまな商品があり、費用負担を抑えることが可能です。

 

家族に安心感を与えられる

医療費の負担が減ることで家族にも安心感を与えられます。親や配偶者が60歳を過ぎると、重い病気やけがをしないかと心配する家族は多いでしょう。医療保険に加入しておけば、万一のときの入院費や治療費の費用負担で保障が受けられるため、家族は医療費に対する心配事が少なくなります。
 

60歳過ぎて医療保険へ加入するデメリット

一方、60歳を過ぎて医療保険へ加入するデメリットもあわせて把握しておかなければなりません。デメリットを知ることで、どの医療保険に合っているのかを見極められるだけでなく、他の保険商品との比較もしやすくなります。また、リスク対策を講じることが可能です。
 
この項目では、60歳を過ぎて医療保険へ加入するデメリットについて見ていきましょう。
 

保険料が高い

60歳を過ぎて医療保険へ加入するデメリットは、保険料が高いことです。基本的に、医療保険の保険料は年齢が上がるほど高くなる仕組みです。そのため、30〜40代など若いうちに加入する場合と比べて、60歳過ぎに加入する医療保険の保険料は高くなります。
 
病気やけがのリスクが高くなるため、仕方がないことではありますが、60歳過ぎは保険料の負担がある程度大きくなることは理解しておきましょう。
 

加入を断られたり保障が限定されたりする

これまでに大きな病気を経験している方や持病がある方は、医療保険への加入を断られる場合があります。医療保険に加入できたとしても、保障内容が限定されることがあるので注意してください。
 
もし加入を断られても、保険会社によっては持病や病歴がある方向けの医療保険を提供しているところもあるため、ほかの保険会社に問い合わせてみてもよいでしょう。
 

60歳過ぎても保険料は高いが医療保険に入れる!

60歳を過ぎても医療保険に加入できます。医療保険に加入すると、入院費用や手術費用などの保障があるため、病気やけがをした場合に備えられます。
 
ただし、保険料は年齢が上がるほど高くなるため、60歳過ぎの場合は安くはありません。保障内容を比較するのはもちろんのこと、保険料も確認をしたうえで加入する保険を決めましょう。
 
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部