「放置年金」という言葉を見聞きしたことがありますか? せっかく積み立てていたにもかかわらず、国民年金基金連合会に自動移換され、放置されている年金のことを意味します。どうしてこのような事態に陥ってしまうのでしょうか。   そこで、そもそも放置年金とは何なのかを解説し、あわせて放置年金にしないための注意点も説明していきます。

放置年金とは?

老後の生活を支えてくれる年金には「公的年金」と「私的年金」があり、私的年金には「企業型確定拠出年金」と「個人型確定拠出年金(iDeCo)」があります。適切な手続きを踏まないと、「放置年金」になってしまうのが「企業型確定拠出年金」です。企業型確定拠出年金とは、勤め先の企業が掛金を拠出して運用する年金のことです。
 
しかし、会社を辞めたとき、何もせずにいると放置年金となってしまいます。放置年金になると、60歳になってすぐに年金を受け取ることができない可能性があるのです。
 

放置年金になるのを防ぐための注意点とは?

会社を辞めたら、前の会社で積み立ててきた企業型確定拠出年金を、転職先の会社の企業型確定拠出年金に移す必要があります。ただし、これは転職先の会社が企業型確定拠出年金を行っている場合のみ有効です。もし行っていない場合は、iDeCoに移します。
 
このほか、自営業になったり公務員になったり、結婚して専業主婦(主夫)になったりしたときも、iDeCoに移します。そして、自ら運用を続けていくのです。そのための手続きは、転職先に企業型確定拠出年金がない場合は自身で行う必要があります。しかも、手続きは退職した後6ヶ月以内に行わなければなりません。
 
もし6ヶ月もの間、何もせずに放置していると、これまで積み立ててきた資産は自動的に売却されて、現金化されます。「現金化されれば、そのお金を受け取れるのでは?」と考えるかもしれません。
 
しかし、それは間違いです。現金化されたお金は「国民年金基金連合会」が預かります。これを「自動移換」といいます。自動移換されると、60歳になってもすぐには積み立てていた資産を受け取ることができない場合があります。自動移管された後であっても、手数料を負担すればiDeCoなどに移管することも可能です。
 
しかし、60歳になって「すぐに受け取れない」という事態を防ぐためには、会社を辞めたら6ヶ月以内に前の会社の企業型確定拠出年金を、転職先の会社の企業型確定拠出年金またはiDeCoに移すことです。
 

放置年金のデメリットとは?

放置年金のデメリットは、60歳になってもすぐに受け取れない可能性があるだけではありません。自動移換されてしまうと、これまでのように資産を運用することができなくなります。にもかかわらず、手数料だけは支払い続けないといけないのです。さらに、自動移換され現金化される際にも、手数料を取られてしまうのです。
 

退職後6ヶ月以内に企業型確定拠出年金を移そう


 
せっかく会社が掛金を出して積み立ててくれた企業型確定拠出年金も、退職後にきちんと手続きをしないと、放置年金になってしまいます。放置年金になると、60歳になってもすぐに受け取ることができない可能性があるなど、さまざまなデメリットがあります。会社を辞めたら6ヶ月以内に転職先の企業型確定拠出年金に移すかiDeCoに移すようにしましょう。
 

出典

iDeCoポータル 確定拠出年金の自動移換
厚生労働省 確定拠出年金制度の概要
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:高橋庸夫
ファイナンシャル・プランナー