住宅の購入時、費用の一部を「頭金」として用意したいと考えている方も多いのではないでしょうか。頭金を準備することで、さまざまなメリットが享受できます。   この記事では、頭金として用意しておきたい金額の目安について解説します。住宅の購入は一生に幾度とない大きな買い物です。後悔しないよう、事前に知識を身につけておくことが大切です。

頭金として用意しておきたい金額の目安は?

頭金として用意しておきたい金額の目安は、物件価格の20%ほどです。つまり、3500万円の物件を購入する場合は、700万円程度の自己資金を準備することになります。
 
3500万円から700万円を差し引いた2800万円は、住宅ローンを借り入れて返済していきます。ただし、住宅の購入にはさまざまな諸費用が発生するため、手元に現金を残しておかなければなりません。
 
住宅購入時の諸費用としては、登記費用、仲介手数料、住宅ローン借り入れ費用などが挙げられます。新築マンションや注文住宅など、物件の種類によって費用は異なりますが、おおよそ5〜10%が相場です。
 
物件価格が3500万円だとすると、175〜350万円が諸費用として必要になります。頭金は、自己資金から諸費用を引いた金額を用意しておくことがポイントです。
 

頭金を用意する2つのメリット

「住宅を購入したいけれど、頭金を用意する余裕がない」といった場合は、頭金なしで物件価格の全額をフルローンとして借り入れることができます。また、諸費用分をローンに組み込むことができるサービスもおすすめです。
 
ただ、自己資金がない状態でも住宅を購入することはできますが、頭金を用意することで、さまざまなメリットが享受できます。
 
金融広報中央委員会でも、「頭金の重要性」について紹介されています。ここでは、頭金を用意するメリットを2つ紹介します。
 

住宅ローンとして借り入れる金額が減る

借り入れる金額が減ると、支払う利息の金額を抑えることができます。例えば、3500万円の物件を30年返済、金利2.0%で試算した場合、頭金なしだと返済総額は約4657万円となります。
 
一方、物件価格の20%である700万円を用意しておくと、返済総額は約4426万円です。頭金を用意して借り入れる金額を減らすことで、約231万円の出費を抑えることにつながります。
 

住宅ローンの選択肢が広がる

頭金を用意することで、住宅ローンの選択肢が広がります。
 
フラット35で申し込む場合は、頭金として10%以上用意しておくと、低い金利で借り入れることが可能です。金利が0.2%下がるだけでも、100万円程度の差が生じるケースもあります。
 
また、住宅ローンの残高が少ないと、将来的に物件を売却したり、借り換えの手続きを行ったりするのもスムーズです。
 

頭金は無理のない範囲で用意しておくことが大切

住宅の購入時に、頭金として物件価格の20%ほどを用意できると、「利息の金額が抑えられる」「優遇金利が受けられる」といったメリットがあります。
 
ただし、頭金にこだわりすぎると、購入のタイミングを逃してしまうことがあるかもしれません。将来的に住宅の購入を考えているのであれば、無理のない範囲で計画的に頭金を用意することが大切です。
 
出典
金融広報中央委員会 知るぽると 頭金の重要性
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部