2023年10月17日、ディスカウントスーパーマーケットの「オーケー」が、日本一の高級商業地である銀座に出店しました。庶民派スーパーの銀座オープンは話題を呼びましたが、果たして地元住民は利用するのか、そもそも銀座周辺には一般庶民が住める賃貸住宅が存在するのか気になるところです。   本記事では銀座の「今」にフォーカスしつつ、銀座で暮らす際におすすめのエリアを紹介します。最後まで読めば、銀座の意外な一面を発見できるかもしれませんよ。

銀座の「今」

銀座といえば、日本一の高級商業地として全国的に有名な街。東京都中央区に位置し、銀座駅や銀座一丁目駅、東銀座駅などがあるアクセス良好なエリアです。
 
まずは銀座好きの筆者が、11丁目から8丁目まである銀座を3つの地域に大きく分けて、それぞれにどんな特徴があるのか紹介します。
 

1丁目〜4丁目

銀座1丁目〜4丁目近辺は丸の内や有楽町に比較的近いエリアで、「銀座三越」「松屋銀座」などの有名百貨店をはじめ、大型の商業施設が多いのが特徴です。ほかの商業施設の例にもれず、話題の「オーケー」もこのエリアに出店しています。そのため、銀座の中では「昼の顔」の印象が強く、さらにはインバウンド需要が顕著なところでもあります。
 

5丁目〜6丁目

銀座5丁目〜6丁目近辺は銀座の中心エリアで、「ル・マノアール・ダスティン」といった高級レストランや「銀座 三亀」などの老舗割烹料理屋、はたまた「MORI BAR」をはじめとした格式高いオーセンティックバーなどが数多く点在。さらに高級ブランドショップも立ち並んでおり、銀座の「高級感」を最も象徴しているエリアといえるでしょう。
 

7丁目〜8丁目

銀座7丁目〜8丁目付近は新橋寄りのエリアで、銀座の中でもアダルトな「夜の顔」を担っています。キャバクラなどとは一線を画す「麻衣子」などの高級クラブや、クラブの同伴やアフターに最適な大人なバーなどが多いです。エリアのカラーが影響しているせいか、芸能人なども多く利用するエリアでもあります。
 

便利な銀座のどこに住む?

銀座は大ざっぱに分けると3つのエリアに分かれますが、その中でも住みやすいのは一体どこなのでしょうか。丸の内・有楽町・築地・新橋などの周辺エリアも含めて、銀座で住みやすいエリアを探っていきます。
 

銀座で住みにくいのは?

端的にいえば、銀座の中心の3つのエリアは共通して住みにくいです。百貨店・ブランドショップ・レストラン・バー・クラブが乱立しているだけでなく、オフィスも多く入居しており、住居用の物件自体が限られているのです。
 
また、銀座は高級感がある一方で、7丁目〜8丁目を中心にクラブやキャバクラなどが多いため、必ずしも治安が良いとも限りません。そのため、銀座エリアで住むことを考える際は、銀座の繁華街から少し外れたエリアを狙うのがおすすめです。
 

銀座で住みやすいのは?

銀座エリアで住みやすいのは、東銀座から築地・新富町・八丁堀までに広がるエリアです。東銀座駅のある銀座4丁目は、銀座の中心地と比較すれば静かな住環境が広がっています。その住みやすさから、「SUUMO住民実感調査2022 首都圏版 2022年住み続けたい街(駅)」に東銀座が5位にランクインしています。
 
また、東銀座からやや外れたところにある築地エリアは、ファミリー層が住みやすいマンションなどが増加しているのが特徴です。銀座の中心街から徒歩圏内でありながら、静かで住みやすいおすすめのエリアです。
 
なお、大手不動産サービス「LIFULL HOME’S」によると、気になる家賃相場は図表1の通りです。
 
【図表1】

エリア 家賃相場(ワンルーム・1K・1DK・1LDK)
東銀座 12万9000円〜22万2400円
築地 10万5600円〜19万8000円
新富町 10万5200円〜21万3400円
八丁堀 10万3500円〜21万2400円

LIFULL HOME’S 家賃相場情報を基に筆者作成
 
以上のように、銀座周辺エリアにはおおむね10万円から22万円ほどで住めます。どの地域も生活インフラが整備されており、コンビニなども充実しています。金銭面の条件がクリアできるのであれば、引っ越し先として検討してみてはいかがでしょうか。
 

新居探しに銀座はいかが?

本記事では住む場所としての銀座について考えてみました。銀座のど真ん中はそもそも物件が少ないため住むのは難しいですが、東銀座や築地など少しエリアをズラせば問題なく住めるでしょう。引っ越しの際は銀座も候補に入れてみてはいかがでしょうか。
 

出典

株式会社リクルート SUUMO住民実感調査2022 首都圏版
LIFULL HOME’S 家賃を調べる
 
執筆者:タリトネ
FP2級(AFP)