老後は働かずに年金生活を送りたいと考えている人もいるかもしれませんが、昨今はさまざまな場面で老後は年金だけでは生活ができないと耳にします。実際のところどうなのでしょうか。   本記事では、年収480万円の会社員が、老後に必要な支出を年金だけでまかなえるのか、まかなえない場合はいくら貯蓄をしておけばいいのかについて解説しています。

会社員が加入する年金は国民年金と厚生年金

会社員などが加入する年金は「国民年金」と「厚生年金」の2つです。毎月支払っている保険料には国民年金と厚生年金の2つが含まれ、基本的には65歳以降に老齢基礎年金と老齢厚生年金が受け取れます。
 
本記事では、20〜22歳までは国民年金に加入し、その後60歳までの38年間は会社員として働いて厚生年金を納めた場合について見ていきます。
 

年収480万円の場合受け取る年金額

老齢基礎年金は加入した期間に応じて支払われますが、今回のケースでは満額受け取ることが可能です。具体的には、令和5年4月分からの老齢基礎年金の満額である79万5000円を、毎年受け取れます。
 
老齢厚生年金は、報酬比例部分、経過的加算、加給年金の合算分が受け取れますが、今回はメインの報酬比例部分のみで見ていきます。
 
報酬比例部分は収入と加入期間によって受け取る年金の金額が異なりますが、年収480万円で38年間働いた場合、年間で受け取れるのは年間で102万4728円です。
 
つまり、22歳までは国民年金を、その後厚生年金に加入して年収480万円で60歳まで納付した人が毎年受け取る年金額は、老齢基礎年金の79万5000円と老齢厚生年金の102万4728円を合計した、181万9728円です。
 

老後の平均的な支出

老後の支出は家族構成や持ち家か賃貸か、お金の使い方などによって大きく異なりますが、今回は総務省の「家計調査報告 家計収支編2022年(令和4年)平均結果の概要」を参考にしていきます。
 
本調査によると、65歳以上の無職世帯において、単身の場合は月額15万5495円、夫婦のみの場合は月額26万8508円が、消費支出と非消費支出の合計額の平均です。
 

年金と支出を考慮した不足額

単身世帯の場合、月額の平均的な支出を年間にすると186万5940万円です。年収480万円の人が受け取る年金額の年額は181万9728円ですので、年間の不足金額は4万6212円です。仮に85歳まで生きたとすると、65歳からの20年分で92万4240円が不足します。
 
同じように夫婦のみの世帯の場合を計算すると、年間の平均的な支出は322万2096円です。受け取る年金は年収480万円の人の分に配偶者の分がプラスされます。仮に配偶者が専業主婦(夫)で、国民年金に加入すべき期間全てに加入して全額納付し、厚生年金には全く加入していなかった場合、配偶者の分の年金は老齢基礎年金の年額79万5000円です。そのため、世帯としては181万9728円と79万5000円の合計の261万4728円です。
平均的な支出に足りない分は年間60万7368円で、月間では5万円とちょっとです。単身世帯と同様に、夫婦がともに85歳まで生きた場合、20年間の不足金額合計は1214万7360円です。
 

理想の貯蓄額

今回のシミュレーションでは、年収が480万円の場合、単身世帯では生涯で約92万円、夫婦の片方が専業主婦(夫)の場合は約1215万円が不足します。理想の貯蓄額は一概には言えませんが、支出が平均と同じくらいの場合、最低でも今回の不足額プラスアルファ分は備えておきたいところです。
具体的に自身の家庭の状況と照らし合わせ、無理のない貯蓄計画を考えましょう。
 

出典

日本年金機構 老齢基礎年金の受給要件・支給開始時期・年金額
日本年金機構 は行 報酬比例部分
日本年金機構 令和2年9月分(10月納付分)からの厚生年金保険料額表(令和5年度版)
総務省 家計調査報告〔 家計収支編〕 2022年(令和4年)平均結果の概要
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー