結婚に対する意識の変化もあり、一昔前に比べて生涯独身でいる方が増えてきています。   独身のまま老後を迎えるとなると、特に心配なのがお金の面でしょう。例えば65歳で定年を迎えた後も不安なく暮らすためには、独身の場合、いくらあればよいのでしょうか。   本記事では、定年後、独身だった場合に100歳まで生きると仮定した場合の、理想の貯蓄額についてご紹介します。

65〜100歳までに必要な資金はいくら?

総務省統計局の家計調査によると、65歳以上単身世帯の1ヶ月あたりの支出は表1のようになっています。
 
表1

1世帯の1ヶ月あたりの支出
食費 3万7485円
住居費 1万2746円
水道光熱費 1万4704円
家具・家事用品費 5956円
被服・履物費 3150円
保健医療費 8128円
交通・通信費 1万4625円
教養娯楽費 1万4473円
その他の消費支出 3万1872円
非消費支出 1万2356円
(支出の合計) 15万5495円

※総務省統計局「家計調査」を基に筆者作成
 
1ヶ月あたりに必要な生活費を15万5495円とすると1年間で186万5940円、65歳から100歳までの35年間にかかる生活費の合計は6530万7900円です。
 

65歳以上、独身者の理想の貯金額は?

定年を迎えてから100歳まで生きることを想定した場合、6000万円以上の生活費が必要になる可能性があることが分かりました。
 
また同調査によれば、65歳以上単身世帯の1ヶ月あたりの実収入は年金を含めて13万4915円とのことなので、実収入から生活費の合計を引くと月々2万580円が不足する計算です。
 
単純に生活費だけでも1年で24万6960円、35年だと864万3600円を自己資金でまかなわなければなりません。ただし、急な病気やけがのために備えておくなど、老後に必要なのは生活費だけではないので、その分も考えて余裕を持って貯金しておきましょう。
 
さらに、持ち家の場合は古くなった家を修繕したり、バリアフリー化するためのリフォームが必要になったりすることもあります。
 
そのほか、介護が必要になったときや施設に入ることになったときのための資金や、自分が亡くなった後の葬儀やお墓にかかる費用のことも考えておいたほうがよいでしょう。
 

定年までにしっかり備えを

定年後に独身だった場合、65〜100歳までの35年間で必要な生活費は6000万円を超えるといわれています。もちろん年金を受け取れるほか、退職金や満期保険金などが入る可能性もあるため、あわてて6000万円以上の貯金をしておく必要はありません。
 
しかし、年金だけでは生活を成り立たせるのが難しい可能性が高いでしょう。生活費以外にも税金や保険料・住まいのリフォーム費用・介護費などがかかるため、余裕のある金額の資金を用意しておくのがおすすめです。
 
定年後の生活を安心して送れるよう、なるべく早いうちからしっかり備えておきましょう。
 

出典

総務省統計局 家計調査報告(家計収支編)2022年(令和4年)平均結果の概要 表2 65歳以上の夫婦のみの無職世帯(夫婦高齢者無職世帯)及び65歳以上の単身無職世帯(高齢単身無職世帯)の家計収支 −2022年−(19ページ)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー