年金を月20万円受給したいと思っていても、多くの独身女性はそれよりも少ない受給額という厳しい現実があります。それでも、安心して老後を過ごす方法はあります。   本記事では、現実的な年金受給額と、不足分を補う具体的な準備法を詳しく解説します。金銭的な不安から解放され、快適な老後を送るための知識を身につけ、無理なく老後資金を準備していきましょう。

独身者の老後生活は年金だけで大丈夫?

厚生労働省の「令和3年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、厚生年金の平均受給額は14万5665円、国民年金は5万6621円で、月20万円の受給額には届いていません。
 
また、総務省「2022年 家計調査報告 家計収支編」によると、65歳以上の単身無職世帯の消費支出は月14万3139円で、特に国民年金の年金受給だけでは厳しい老後生活が予想されます。厚生年金の場合は、年金額は現役時代の収入に大きく依存します。
 
高額な年金を受給するためには、現役時代からの準備が必要です。老後に金銭面で苦しい思いを避けるためにも、状況に合わせて適切な計画を立て、安心して生活できるように心掛けましょう。
 

老後資金の不足分を補うための準備法

多くの独身女性にとって、年金の受給だけでは老後資金が不足してしまう現実は避けられません。しかし、適切な準備をすることで、老後資金に関する不安は軽減できます。
 
本項では、60歳以降も安定した収入を得る方法や、年金額を増やすためにできること、資産運用など、老後資金の不足分を補うための準備法について詳しく解説します。
 

60歳以降も働いて収入を確保する

60歳以降も働き続けることは、老後資金を補うための有効な方法の一つです。退職後も働くことで、生活する資金に対する不安なく生活することが可能です。また、厚生年金に加入し続けることで、将来の年金額の増加が見込まれます。
 
再雇用制度を利用する場合は、定年までの職場での経験を生かし続けることができます。ただし、再雇用には給与が下がる可能性や、契約更新の不確実性などのデメリットも考慮しておきましょう。
 
他の選択肢としては、新しい職場で働く、フリーランスとしてスキルを生かす、自分でビジネスを始めるといった方法もあります。それぞれの方法には、メリットとデメリットがあるため、自身のスキルや希望に合わせて検討してみてください。
 

個人年金保険への加入を検討する

個人年金保険への加入も、老後の生活資金を準備するための方法です。個人年金保険とは、契約時に決めた一定の年齢まで保険料を支払うことで年金が受け取れる貯蓄型の保険で、公的年金とは異なります。
 
個人年金保険は大きく分けると、終身年金、有期年金、確定年金の3種類です。それぞれ特徴とリスクがあるため、自分の生活設計やリスク許容度に合わせて選びましょう。
 
また、個人年金保険の保険料は年金保険料控除の対象となり、所得税や住民税の支払額が軽減される点も魅力です。しかし、一定の条件を満たす必要があるので、具体的な条件や手続きについては注意してください。
 

資産運用する

近年では、老後資金準備のための資産運用も盛んで、政府でも推奨しています。例えば、国の少額投資非課税制度であるNISAは、特定の金融商品の利益が非課税になる制度で、これを利用して資産を増やせる可能性があります。NISAは2024年から新制度がスタートするため、これをきっかけに始めるのもよいでしょう。
 
また、iDeCo(個人型確定拠出年金)も資産運用の一形態で、自身で掛金の運用方法を選び、老後に備えることができるうえ、掛金に対する税制優遇も受けられます。
 
資産運用はリスクも伴いますが、適切な知識と計画に基づき実行することで、老後資金の不足を補う手段となるでしょう。さまざまな運用方法を理解し、自身の生活設計やリスク許容度に合った運用を選ぶことで、老後の生活資金を多角的に準備することが可能です。
 

無理なく老後を楽しむために老後資金を準備していこう

厚生労働省や総務省のデータから、独身者で年金月20万円を受け取れる人は少ないと考えられます。老後も無理なく快適に過ごすためには、事前の備えが欠かせません。効果的な老後資金の準備方法として、公的年金や企業年金のほかに、60歳以上も働くことや個人年金保険への加入、資産運用も検討するとよいでしょう。
 
無理なく老後資金を準備するために、今から少しずつでも計画的に取り組み、安心した老後を迎えるための基盤を築きましょう。
 

出典

厚生労働省 令和3年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況

総務省「2022年 家計調査報告 家計収支編 2022年(令和4年)平均結果の概要

iDeCo公式サイト

金融庁 NISAとは?

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー